中国戦の2試合目で敗れた伊藤美誠(C)共同通信社

写真拡大

 壁は永遠に崩せないのか。

卓球五輪メダル候補が全滅 張本の深刻な“格下アレルギー”

 卓球のワールドカップ(W杯)団体戦は10日、男女の決勝が行われ、日本の女子は中国に0―3で敗れ、W杯9連覇を許した。中国男子も韓国を3―1で破り、8連覇を達成した。

 第1試合のダブルスは、石川佳純(26=世界ランク8位)、平野美宇(19=同10位)組が陳夢(25=同1位)、劉詩雯(28=同2位)組にストレート負け。ポイントはシングルスの第2試合だった。

 伊藤美誠(19=同7位)対孫穎莎(19=同3位)は、伊藤が2ゲームを先取。2―2で迎えた5ゲームは序盤からリードを奪い10―7のマッチポイント。そこから孫にまさかの5連続ポイントを許し、逆転負けを喫した。続く平野も劉に歯が立たず、日本は完敗の銀メダルに終わった。

 中国はリオ五輪単金メダル、団体連覇の丁寧(29=同6位)をベンチに下げ、日本勢の中で最も恐れるエース伊藤に、こちらも将来のエース候補である若い孫をぶつけてきた。孫の身長は160センチ。丁寧(172センチ)ほど長身ではないが、終始冷静でパワフルな両ハンドは伊藤(150センチ)より一枚上だった。

 このところ日本は、「中国に迫ってきた」とよくいわれる。今大会は来年の五輪と同じ舞台(東京体育館)で行われた。ホームの大声援をバックに王国に土をつければ、本番でも金メダルの期待が持てたのだが、日本はこれで2大会連続4度目の2位。女子は最高でも銀メダルしか取れそうもないということが改めてわかった。