ガイ・ピアース 写真:KCS/アフロ

写真拡大

 「アンデッド/ブラインド 不死身の少女と盲目の少年」のジャスティン・P・ラング監督による新作「The Seventh Day(原題)」に、ガイ・ピアースが主演することがわかった。

 米Deadlineによれば、本作はラング監督が自ら執筆した脚本で、「トレーニング デイ」と「エクソシスト」を掛け合わせたようなホラー映画だという。高名な悪魔払い師が新人神父の初めての訓練に付き添ったところ、2人は邪悪な世界に引きずり込まれ、それぞれが抱える闇と向き合うことになる、というストーリーのようだ。

 ラング監督は今年、「アンデッド/ブラインド 不死身の少女と盲目の少年」がホラー映画専門誌ファンゴリアが主催するホラー界のアカデミー賞、チェーンソー・アワードで初監督作品賞にノミネートされた。