モテの常識も令和へシフト?!【最新版】愛され服まとめ♡

写真拡大

今年は平成が終わり、令和になるなど、時代の変化を感じる一年ですね。時代が変化するとともに、ファッションの常識も変化していくものです。特に「モテファッション」は流行の移り変わりも激しいので、しっかりと最新のトレンドを理解しておく必要があります。そこで、当記事では令和最新版の「愛され服」に関する情報をまとめました。当記事を参考にして令和の新時代にふさわしい愛され服を着るようにしてくださいね。

(1)ミニスカ伝説は終わり。ミディアム丈一択!

この投稿をInstagramで見る

𝘂 𝗱𝗿𝗲𝘀𝘀𝗲𝗿 | ユードレッサー(@u_dresser)がシェアした投稿 - 2019年 9月月26日午前7時12分PDT

平成といえば「ミニスカート」が流行った時代でしたが、令和からは「ミディアム丈」です!足の露出の多さを抑えつつ、少しだけ見せるミディアム丈スカートがおすすめとなっています。ブラックのミディアム丈スカートを履くと、ブラックと肌の色がコントラストになってオシャレ度が高い「モテ服」になりますよ。

(2)過度な肌見せはNG!程よく見せる事

この投稿をInstagramで見る

𝘂 𝗱𝗿𝗲𝘀𝘀𝗲𝗿 | ユードレッサー(@u_dresser)がシェアした投稿 - 2019年 9月月5日午前6時58分PDT

昭和→平成は露出度が高くなるなど変化がありましたが、平成→令和の移り変わりで「過度な肌見せはNG」といった風潮になってきました。丈が短い服などを着るのではなく、シースルーシャツなどで、肌を自然に露出するのが令和のトレンドです。ミディアム丈のスカートと一緒に、シースルーなど「ちら見せ」ファッションを研究しましょう。

(3)ザ・ガーリーよりメンズライクコーデの時代?!

この投稿をInstagramで見る

17kg (イチナナキログラム)(@17kg_official)がシェアした投稿 - 2019年 9月月23日午後7時54分PDT

平成は「ザ・ガーリー」といえるくらい、女性らしいガーリーな服を着るのが流行りました。ただ、ガーリーすぎると男性ウケが悪いということで、令和時代はメンズライクコーデの時代になってきそうです。ガーリーに決めるときも、過度にガーリーにならないよう、メンズライクコーデも意識してみることをおすすめします。

(4)カラーは淡い色をチョイスするべし!

この投稿をInstagramで見る

𝘂 𝗱𝗿𝗲𝘀𝘀𝗲𝗿 | ユードレッサー(@u_dresser)がシェアした投稿 - 2019年10月月18日午前6時50分PDT

平成時代は派手なカラーを着こなすのが流行っていましたが、最近では徐々に「淡いカラー」が注目されていますよね。こういった時代の流れからも、令和は「淡いカラー」の着こなしがポイントになってきます。淡いベージュ、ピンク、イエローなどを上手く組み合わせて、癒し系の女性像を目指しましょう。当記事では、愛され服の最新版のトレンドについて紹介しました。令和時代はより自然で、適度なファッションが流行る傾向にあります。時代の変化に合わせて、自分なりの愛され服を研究していきましょう!(liBae編集部)本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。