渡部篤郎が7日、都内で開かれた、WOWOW『連続ドラマW 引き抜き屋〜ヘッドハンターの流儀〜』(11月16日よる10時スタート)完成披露試写会に出席した。

 本作は、「犯人に告ぐ」「検察側の罪人」などの映像化作品で注目を集める雫井脩介氏の『引き抜き屋』が原作。創業者の父がヘッドハンターを介して招聘した人物に会社を追われた主人公・鹿子小穂(松下奈緒)が自身もヘッドハンターとなり成長していく姿を描く。

渡部篤郎と松下奈緒

  宿敵の切れ者ヘッドハンター・戸ケ里政樹役を演じる渡部篤郎。役柄との共通点を聞かれ、「インタビューとかでよく聞かれるけど、考えたことがない」ときっぱり。続けて「僕は楽観的な人間、あきらめも早い。仕事が好きな割にはさっぱりしている。それと1回離婚していること。それは共通点」と笑みを見せ「子どもが好きとかそういうところかな」と語った。

 また、仕事の流儀を聞かれ、「頂いた仕事は感謝しています。とにかく真面目に真剣に仕事はしようと思っています」と述べた。