内田有紀が7日、都内で開かれた、WOWOW『連続ドラマW 引き抜き屋〜ヘッドハンターの流儀〜』(11月16日よる10時スタート)完成披露試写会に出席した。

 本作は、「犯人に告ぐ」「検察側の罪人」などの映像化作品で注目を集める雫井脩介氏の『引き抜き屋』が原作。創業者の父がヘッドハンターを介して招聘した人物に会社を追われた主人公・鹿子小穂(松下奈緒)が自身もヘッドハンターとなり成長していく姿を描く。

 内田が演じるのは、鹿子の先輩で敏腕女性ヘッドハンター・渡会花緒里。役と自身との共通点を聞かれ「花緒里さんはすごくデキる方なので共通点はない」としつつも「共通点を挙げるとしたら仕事が好き、仕事に愛を持っていること。そこを頼りにやりました」と明かした。

 更に「出来る人イコールかっこよく、というイメージもあるだろうけど、さばさばして男っぽさもあるような感じで演じました。仕事を愛している、人間を愛している、そういうことを頼りに監督と一緒に作っていきました」と語った。

 また、仕事をする上での流儀を聞かれ「感謝。これ以外にないです」とした。