「投資はプロまかせ」が危険な理由とは

写真拡大 (全2枚)

 退職金は大事な老後資金。賢く運用して、老後を豊かに過ごしたい。しかし、その退職金が狙われている!? 投資の知識が乏しい場合、金融機関のプロのアドバイスに従って運用したいという人は多いだろう。投資は苦手という相談者に対し、創立17年のお金の学校「ファイナンシャルアカデミー」(https://www.f-academy.jp/)の講師・山本麗子先生が警鐘を鳴らす。

「投資が苦手」でiDeCoにも手を出さないという相談者

読者代表:吉田正史さん(仮名・53歳)
新卒で入った中小企業で営業として勤続31年。高校生の長女と中学生の長男を育てる2児の父。年収は650万円で、マイホームは35歳の時に35年ローンで購入し絶賛返済中だ。目下の不安は退職後のお金のやりくりだが、お金に関する知識はやや不足気味。「投資はギャンブル」と思っている。

「投資はプロまかせ」が危険な理由とは

山本先生:ところで吉田さんは、iDeCoでの老後資金づくりはしてますか?

吉田さん:いや…やってないです。iDeCoって投資しなきゃいけないんでしょう? 私は「投資はギャンブル」だと思ってるんで……。

山本先生:あら、もったいないですね、吉田さんの条件(会社員・年収650万円・企業年金なし)だと、掛金の限度額は1カ月2万3千円ですから、限度額いっぱいまで積み立てると、1年間で8万円分の税金控除が受けられるんですよ。

吉田さん:それは惹かれます。でも、投資の知識もないし、とにかく元本割れの危険があるだけでも嫌なんです。

山本麗子先生

山本先生:それならiDeCoで定期預金もできますよ。元本保証型の保険などの金融商品も選べます。

吉田さん:えっ、そうなんですか? 元本割れもしないなら、いいですね。

山本先生:iDeCoで拠出できるのは60歳までですが、今から毎月2万3千円を拠出していけば、7年間で57万9千600円も節税できます。

吉田さん:でも、2万3千円を毎月はきついな〜。小遣いなくなっちゃう。全然飲みにもいけなくなりそうです。

山本先生:毎月の掛金は、無理のない金額でやるのが大切です。節税効果は小さくなってしまいますが、5千円から積み立てられますし、途中から増額も可能ですよ。iDeCoの魅力は運用中の利益に対しても非課税というところですから、投資にもチャレンジして資産を大きく育ててほしいですけどね。

吉田さん:iDeCoにデメリットはないんですか?

山本先生:デメリットは、積み立てたお金が10年間引き出せないことですね。加入期間が10年に満たない場合、期間によって引き出せる年齢が変わります。53歳の吉田さんの場合だと今すぐ始めても、引き出せるのは62歳からです。

吉田さん:でも、60歳で拠出は終わるんでしょう?

山本先生:そうです。

吉田さん:その後の2年間ははどうなるんですか?

山本先生:新たな拠出はできないのですが、その後の2年間は「運用指図者」となり、運用のみ行います。ちなみに、この期間も毎月の口座管理手数料が引き落とされます。

吉田さん:ええ〜、ぼったくりじゃないですか。

山本先生:口座管理手数料が無料の金融機関もあるので、できるだけ手数料の安い金融機関や金融商品を選ぶことが大切ですね。ちなみにiDeCoは受取る時も税金のメリットがあり、「退職金」として一括で受取ることもできるんですよ。

金融機関がおすすめする「退職金プラン」の落とし穴

吉田さん:退職金で住宅ローン返済をするとして、それ以外にどう使おうか悩んでいるんですよね。

山本先生:退職金を上手に活用すると、資産形成につながりますよ。

吉田さん:やっぱり資産運用ですか。自分で退職金をうまく運用する自信がないから銀行に相談しようと思ってます。資産運用のプロに頼んだほうが安心ですよ、やっぱり。

山本先生:銀行コンシェルジュにお願いしたら、おそらく「退職金プラン」への加入をすすめられますね。例えば、1千万円を半年間運用してくれるという商品。金利はなんと5%で利息12万5千円付くという物もあります。税引き後でも、10万円ぐらい手元に残ります。

吉田さん:5%ってすごいですね。

山本先生:1千万円の内訳としては、500万円ほどが定期預金が組まれます。ちなみに通常、定期預金金利は、0.5%ぐらいです。つまり5%という数字は格別、まさに退職金プランですよね。

吉田さん:退職金プラン最高だ!!

山本先生:……と乗り気になったところで、もう半分の500万円はどうするかというと「資産の成長の為、投資信託に入れておきましょう」となりますね、おそらく。もちろん、上手く運用できれば運用益で増やすことができますが、それは加入時点では分かりません。それよりも、この投資信託の購入で3%手数料がとられています。なんと手数料だけで15万円払っていることになります。

吉田さん:利息分が12万5千円で、税引き後手元に残るのが10万円って言ってましたよね?

山本先生:そうです。つまり、金利収入は10万円ですが、15万円の手数料でマイナスです!

吉田さん:本当にそんなことがあるんですか?

山本先生:あるんですよ。例では実在の銀行の商品をもとにしました。0.5%しか金利がつかない今、5%の金利は一瞬得をするように見えますよね。でも、その反面、投資信託の手数料でコンシェルジュが儲かる仕組みなのです。だからこそ、この商品が成り立つんです。

退職金の運用をプロにまかせたつもりが、すべて失うことも…。

吉田さん:銀行すら信じてはいけないということになっちゃいますか?

山本先生:こういうことは、銀行や証券会社の人は絶対に教えてくれません。(小声で)しかも、こんな商品が世の中にはたくさんあるんです。周りに流されて資産運用してしまう方が今非常に増えていて、その結果「退職金貧乏」という社会現象が起こってしまうほどです。

吉田さん:騙そうとしているわけじゃないんですよね?

山本先生:そうですね、騙そうとしているのではなくても、その金融商品を売りたいと思っていることは確かです。ノルマもあるかもしれません。そして、投資の結果が思わしくなくても、その商品を薦めた金融機関が責任をとってくれるわけではないんです。

吉田さん:そうか、銀行コンシェルジュは、営業マンなのか…。そりゃそうですよね。

山本先生:そうです。資産運用のプロが言うことだから…と金融機関や誰かに言われるがまま運用してしまうと、一生懸命働いて稼いだ「退職金」を一瞬にしてなくしてしまうということも起こりえます。決して退職金が少ない訳ではなかったのに、これがきっかけで、老後破産なんて目も当てられません。

吉田さん:私の退職金をみんなが狙っている気がしてきました! どうしたら守れるんでしょうか。

山本先生:大切な退職金を守るために、行動ファイナンスのひとつ「両面思考」という考え方が大切です。あるお得な商品やキャンペーンがあったら、営利団体が儲からない商品を売るわけがない、どういう狙いなのだろう?と立ち止まって調べてみましょう。さらに、その陰で損をしている人はいないのか?、自分以外の人も得をするのか?、という違う角度から見てみることです。

吉田さん:相手の立場で想像する、ということですね。覚えておきます。

山本先生:投資が苦手だからプロに任せておけば安心、という考えで退職金を失わないように。自分でも勉強しておきましょう。iDeCo口座で実際に運用してみるのも練習としてはよいかもしれませんよ。

ファイナンシャルアカデミー
お金の教養を身につけるための総合マネースクールとして2002年に創立。東京校・大阪校・ニューヨーク校・WEB受講を通じて17年間で延べ約50万人が、貯蓄や家計管理といった身近なお金から、資産運用、社会を豊かにするお金の使い方までを学習。初心者向けの定番「お金の教養講座」https://www.f-academy.jp/school/kyouyousemi.htmlや「投資信託入門セミナー」https://www.f-academy.jp/school/mutualfund_kouza.htmlを開催する

山本麗子(やまもと れいこ)
ファイナンシャルアカデミー認定講師・ファイナンシャルプランナー・企業年金総合プランナー。FP事務所に勤務後、より多くの人に「お金の教養」の大切さを伝えるためファイナンシャルアカデミーに入社。講師として、企業・個人・女性向けなど様々な講演を行うほか、幅広い層に対する家計コンサルも行う家計改善、金融経済教育のプロフェッショナル。

2019年11月11日 掲載