グレージュの落ち着いたカラーとツヤ感のある素材で、1990円には見えない優秀な高見えシューズでびっくり!

写真拡大 (全4枚)

高見え&おしゃれなパイソン柄シューズはGU1990円!

この秋出合ってヒットだったのが、GUの「マシュマロポインテッドフラットシューズ」のパイソン柄です。

トレンドでもあるし、GUのパイソン柄シューズがものすごく人気、という噂も聞いていたのでトライしてみたのですが、実際に履いてみたら噂以上に優秀な高見えシューズでびっくり! しかもお値段は1990円とかなりのプチプラです。

大人におすすめなポイントを、詳しくお伝えしていきます。

凹凸ある中敷きで履き心地抜群&おしゃれ感も叶う


「マシュマロポインテッドフラットシューズ」は旧モデルからさらに履きやすい仕様にアップデートされているのですが、実際に履いてみると、プチプラとは思えないこだわりを感じます。

特にフラットシューズは板のようにペタンコすぎると足が疲れてしまうのですが、こちらは中に低反発の中敷きが付いているようなつくりで、かかとや足指の付け根などにはふくらみを、土踏まずなどにはへこみをとなだらかな凹凸が付けられているのでフィット感も◎。

歩いてみても固すぎず、足にきちんと付いてくるしなり感もあるので、履き心地は抜群です。

今回はカラバリの中からパイソン柄を選びましたが、履いてみて気付いたのは、大人っぽいおしゃれ感をプラスしてくれること。

例えばカットソー&デニムのようなごくシンプルなコーデの場合、足元がスニーカーだと普通のカジュアル、パンプスだときれいめなカジュアル、くらいの感想ですが、パイソン柄のシューズを合わせると、トレンドの力もあり、おしゃれ度がアップした印象に。

同じアニマル柄でも、レオパード柄などよりも渋めで落ち着きがあるため、シューズの柄が浮くことなくコーデに馴染みやすいのは嬉しいポイント。デニムなどはもちろん、女性らしいワンピースコーデや、カラーコーデの引き締め役にも重宝できそうです。

パイソン柄選びは品よく見える色合いが大事


パイソン柄のシューズを選ぶときに気を付けたいのは「色合い」です。パイソン柄=ヘビ柄なので、もともと辛口なイメージが強め。例えば白と黒のパイソン柄のように、コントラストが強ければ強いほど、柄のリアル度も上がり、ハードな雰囲気になっていきます。

大人の女性が履き回すなら、柄が辛口な分、色は引き算して控えめに。あまりきつくなりすぎない、まろやかな色合いのパイソン柄を選ぶのがポイントです。

その点、このGUのシューズは全体がグレージュっぽく使いやすい色合い。そして表面にも適度なツヤ感があるため、1990円には見えない、高見えする仕上がりになっています。

これまで苦手意識があったという方も抵抗なく履けそうな、ハードすぎないパイソン柄シューズです。

流行のブラウンをはじめ、意外に合わせやすい


このパイソン柄の「マシュマロポインテッドフラットシューズ」を買ってよかったのは、ブラウンと相性がよかったことです。

今年の流行色はブラウン一択というほど大人気のカラーで、少しずつ取り入れているものの、これまでまったく着なかったためか、悩みが「合わせる靴がないこと」でした。かといって、ブラウンのシューズも来年履くかどうか分からないし……。

でも、このGUのパイソン柄のフラットシューズは、ベースはグレージュ、柄はブラウン寄りの落ち着いた発色なので、ブラウン系コーデにも相性ぴったり! さらにブラウンのもつほっこり感を、辛口さでほどよくまとめてくれるので一石二鳥でした。

フラット靴&パイソン柄の組み合わせはヘビロテ間違いなし。ぜひチェックしてみてくださいね!
(文:横瀬 真知子(レディースファッションガイド))