「博多座開場20周年記念 AKB48グループ特別公演」第1部「仁義なき戦い〜彼女(おんな)たちの死闘篇〜」より。

写真拡大 (全5枚)

「博多座開場20周年記念 AKB48グループ特別公演」が、昨日11月9日に福岡・博多座で開幕。これに先駆け8日、囲み取材と舞台稽古が行われた。

【この記事の画像(全15件)をもっと見る】

本公演は2本立てとなり、第1部では「仁義なき戦い〜彼女(おんな)たちの死闘篇〜」が披露される。同作は、飯干晃一の「仁義なき戦い」(角川文庫)を原案に、深作欣二監督、笠原和夫脚本によって1973年に公開された映画「仁義なき戦い」を舞台化するものだ。

囲み取材で、主演の横山由依(AKB48)は「仁義なき戦い」について、「大変なアクションシーンを乗り越える中で、メンバーの絆が深まっています」と手応えを語る。横山演じる主人公・広能昌三と、劇中で“兄弟の盃”を交わす若杉寛役の向井地美音(AKB48)は「48グループが一つになってがんばれる機会をいただけることがすごくうれしい。お芝居を通して48グループの魅力を伝えられるよう、全力で取り組みます」と意気込みを口にした。

第2部「あんみつ姫プロデュース レヴュー48」では、福岡市天神に常設劇場を持つエンタテインメント集団・劇団あんみつ姫がプロデュースを手がけるショーが展開。大階段をバックにしたシーンや、観客を巻き込んでのコントなども取り入れられる。豊永阿紀(HKT48)は「セットが本当に豪華で壮大! 博多座ならではの舞台機構をフル活用し、この場所でしかできないステージになっています」と第2部の魅力をアピール。また囲み取材では、「波乗りかき氷」のナンバーで出演者が頭上にかき氷を装着し、氷を削りながら花道を練り歩いて観客に冷たい氷をサービスする演出があることも明かされた。

最後に横山が「AKB48グループの魅力が詰まっている作品です。観てくださった方にはパワーを受け取ってもらえたらうれしいですし、もし見逃した方がいたら後悔してもらえるような、いい作品を作り上げたい。ぜひ博多座に遊びに来てください!」と挨拶し、会見を終えた。

公演は11月24日まで。なお横山は14日まで出演し、16日からの後半日程ではWキャストの岡田奈々(AKB48 / STU48)が主演を務める。

「博多座開場20周年記念 AKB48グループ特別公演」

2019年11月9日(土)〜24日(日)
福岡県 博多座

第1部「仁義なき戦い〜彼女(おんな)たちの死闘篇〜」

原案:飯干晃一「仁義なき戦い」(角川文庫)
原作:1973年「仁義なき戦い」(東映) 監督:深作欣二 / 脚本:笠原和夫
脚本:上條大輔
演出:奥秀太郎

第2部「あんみつ姫プロデュース レヴュー48」

出演(一部Wキャスト)

AKB48:岡田奈々、小栗有以、込山榛香、谷口めぐ、福岡聖菜、向井地美音、武藤十夢、横山由依
SKE48:斉藤真木子、須田亜香里、高柳明音、谷真理佳、古畑奈和
NMB48:東由樹、加藤夕夏、川上千尋、白間美瑠、村瀬紗英、山本彩加、吉田朱里
HKT48:秋吉優花、上野遥、熊沢世莉奈、栗原紗英、神志那結衣、堺萌香、坂口理子、武田智加、田島芽瑠、田中美久、豊永阿紀、松岡菜摘、松岡はな、水上凜巳花、村重杏奈、山下エミリー
NGT48:荻野由佳、清司麗菜、中村歩加、西潟茉莉奈、西村菜那子、本間日陽
STU48:石田千穂、今村美月、岩田陽菜、沖侑果、瀧野由美子

(c)AKS