彼女を傷つけずに「正直、君は重すぎる!」と伝える一言9パターン

写真拡大

彼女からの愛情表現がディープすぎると、最初はうれしくても次第に相手をするのが面倒になってしまうもの。とはいえ、下手にダメ出しすると、逆ギレされてしまうおそれもあるでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性452名に聞いたアンケートを参考に「彼女を傷つけずに『正直、君は重すぎる!』と伝える一言9パターン」をご紹介いたします。

【1】「もう少し気楽にいこうぜ」と、軽くたしなめる
「お互いに疲れないために、優しい言葉でブレーキをかけてあげる」(20代男性)というように、暴走気味の彼女にやんわりとリラックスを促すパターンです。「君との関係を長続きさせたいからさ」など、前向きなフォローを入れれば素直に聞いてもらえるでしょう。

【2】「本当にかまってちゃんだね」と、笑顔でからかう
「愛を込めれば遠回しに否定しても大丈夫なはず」(10代男性)というように、ネガティブな言葉も笑顔に包んで発すれば、ショックを和らげることができそうです。たとえ気まずい空気になったとしても、「カワイイけど調子に乗るなよ」と上手に釘を刺しましょう。

【3】「君の気持ちはちゃんと伝わってるよ」と、安心させる
「不安定な彼女を受け入れることで、少しは落ち着いてもらえそうなので」(20代男性)というように、重たい愛情表現の原因を解消するには、懐の深いところを見せるのも効くでしょう。「愛してる」と連呼するなど、ストレートな言葉で彼女の不安を払拭したいところです。

【4】「俺はおまえのペットかよ!」と、明るく突っ込む
「ネタっぽく言えば半分冗談として受け取ってもらえる」(10代男性)というように、笑い話のムードを作りながらやんわりと彼女を拒絶するパターンです。ケンカを避けるためには、ムキになって言い張るのではなく、軽いノリを保ちましょう。

【5】「来月は忙しいからなかなか会えないかも」と、距離を置くことを予告する
「自分の振る舞いを省みる時間を与えます」(20代男性)というように、あえて会わない期間を作って熱すぎる彼女をクールダウンさせる作戦です。ただしメールやLINEはマメに送るなど、彼女が「突き放された」と感じない程度の距離を保ちましょう。

【6】「友だちが『子どもっぽい』って言ってたよ」と、第三者の言葉としてダメ出しする
「客観的な意見として伝えれば浅い傷で済むはず」(10代男性)というように、他人の口を借りれば言いにくいことをすんなり伝えられるかもしれません。彼女が怒ったりスネたりするのを見越して、愛のあるフォローを用意しておきましょう。

【7】「そんなに愛情を注がれると調子に乗っちゃうよー」と、警告する
「過剰な愛情が害になると気づいてほしい」(20代男性)というように、重たい言動を自粛してもらうために、あえて悲しい未来を想像させるパターンです。「気持ちはうれしいけど、麻痺しそう」などと、全否定を避けて彼女の気持ちは認めてあげると、穏やかな話し合いができるでしょう。

【8】「ドMの俺に合わせて、もっとサバサバしてくれよ」と、大胆な方向転換を求める
「どうせなら自分好みの方向に情熱を傾けてほしい」(20代男性)というように、個性的な性癖を告白することで、彼女を巧みにコントロールする作戦です。彼女の本音も聞いてあげることで、お互いにとってより良い関係を目指したいところです。

【9】「10倍返しだ!」と、彼女の愛情表現を大げさにデフォルメしてやり返す
「『目には目を』で、少しは懲りてくれるはず」(10代男性)など、オーバーな愛情を向けられる「重さ」を彼女に体験させるパターンです。1回のメールに10回返信するなど、彼女がお腹いっぱいになるまでとことん熱い気持ちを見せてあげましょう。

彼女を傷つけないためには、遠回しな表現や明るいムードでダメ出しする必要がありそうです。優しく本音を伝えて信頼関係を深めましょう。(浅原 聡)

【調査概要】
期間:2014年4月26日から5月3日まで
対象:合計452名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査