ビジネスシーンに求められる性能を網羅

写真拡大

ソフトバンクは、シャープ製の法人向けスマートフォン「AQUOS sense3 basic」を2019年11月中旬以降に発売する。

複数アプリを同時に立ち上げていても動作スムーズ

「AQUOS」シリーズ史上最大の容量だという4000mAhバッテリーを内蔵したほか、省エネ性能にすぐれる約5.5型フルHD+(2160×1080ドット)「IGZO」液晶ディスプレーを搭載し、長時間の電池持ちを実現。「アウトドアビュー」機能により強い日差しの中でも画面が見やすい。

プロセッサーは「Qualcomm Snapdragon 630 mobile platform」、メモリーに「LPDDR4x」を搭載するなど、複数のアプリを同時に立ち上げていても動作や切り替えがスムーズで快適な操作が可能だという。

剛性の高いアルミボディーにIPX5/8防水、IP6X防塵、「MIL-STD-810H」準拠の耐衝撃・耐振動性能を備える。約1200万画素アウトカメラ、約800万画素インカメラを装備する。

OSは「Android 9」をプレインストール。メモリーは3GB、内蔵ストレージは32GB。IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠準拠の無線LAN、Bluetooth 5.0をサポートする。

カラーはシルバー。