豪出身のボクサーがスパーリングで死亡 パンチ受けたあとに倒れる

ざっくり言うと

  • 9日、豪州出身のボクサーであるドワイト・リッチー氏が27歳で死亡した
  • スパーリングでパンチを受けた後に倒れ、そのまま帰らぬ人となったそう
  • プロモーターはFacebook上で訃報を認め「受け入れるのは難しい」と綴った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x