「これって、神!」「めちゃめちゃ便利」など、SNSで話題を集めているビューティーグッズが100均ショップ、ダイソーにたくさんあるのをご存知でしょうか?しかし、いざ店頭で手にしてみても、どうしてそんなに人気なのかわからないこともありますよね。そこで、ネットで注目を集めているダイソーのビューティーグッズを実際に使ってみて、その人気のヒミツを探ってみました。

(1)ストレートコーム

ストレートコーム。

最初にご紹介するのはストレートコーム。
ネットでの評判の良さは知っていましたが、店舗で手にしたときの見た目は「どこがいいの?」と思えるような無難なコームです。
全く期待しないで、購入してみたら……これが、使える!本当に使えた!!
伸ばしてストレートにしたい髪をがっちりつかまえてくれるホールド感と、まるでお箸やトングを使うような感覚の操作性!ドライヤーで髪が楽々ストレートになります。

少ない髪でも、ガシッとホールド。くせを伸ばしやすいコームです。

これは、まさしく、くせ毛の救世主!
ドライヤーで乾かしてから、ストレートアイロンに持ち替える必要もなく、これさえあればドライヤーだけで事足ります。
髪の毛のうねり、クセが気になる方には、ぜひ一度試していただきたいグッズです。

(2)立体ヘアブラシ

立体ヘアブラシ。

次にご紹介するのはヘアブラシ。髪にストレスのないブラシですが、ポイントは3つの長さのブラシが混在していること。

ブラシは3つの長さで構成されています。

手で触ったときはしっかりした感覚があるのに、とかすとまるで腰のない柔らかすぎるブラシでなでられているような優しい感覚。本当にきちんととかされているのか、疑ってしまうほどです。ブラッシングで髪が絡まりやすい方には特にオススメです。

(3)フェイス・眉用シェーバー

フェイス・眉用シェーバー 300円。

顔のうぶ毛処理や、眉毛を整えるのに便利なフェイス・眉用シェーバー。うぶ毛には、毛の流れと逆にフェイスラインに沿って滑らせればOK。逆手で剃りにくい側も簡単に処理できます。

長さを揃えるのに便利なコームは、左右どちらからでも使いやすいようになっています。

また、眉毛の長さをそろえるのに便利なコームがついていて、2mm、4mmに合わせてカットできます。眉毛コームも左右どちらからでも処理できるよう、コームの向きがそれぞれ2面ずつ付いています。ハサミやかみそりを扱いにくい側も簡単に処理できるところが使いやすいですね。
細かいところについた毛を掃除できる携帯用ブラシつき。

携帯にも便利なスマートさ。

また、フタをするとスタイリッシュに収まります。携帯にも便利なコンパクトサイズなので、外出や旅行時にも持ち運びしやすいですね。

(4)ヒートアイラッシュカーラー

ヒートアイラッシュカーラー 200円。

まつげをヒーターの熱でしっかりカールしてくれるアイラッシュカーラー。単四電池1本使用。
スイッチをいれてから、2〜3分で適温になります。適温になると、裏側の小窓のなかの色が黒色から黄色に変わることでわかります。
最初、火傷をしないか、おっかなびっくり使っていたのですが、肌に触れたときの温度は温かく感じる程度でした。
コーム部分のまつげをつかまえてくれる感じと、手のひらに収まるコンパクトサイズで操作性はGOOD。
まつげを持ち上げることは、わりと容易にできます。

肌に触れたときの温度は温かく感じる程度。

ただ、くるっとしたカールをこれだけで作るにはコツがいりそう。マスカラの上からでも使えるので、化粧ポーチに入れておけば、お化粧直しにも使えます。

(5)電動ネイルケア

電動ネイルケア 300円 単三電池×2。

3つのアタッチメントで甘皮ケアから表面仕上げまでできる電動のネイルケア。
お風呂上りに甘皮ケアのアタッチメントを使って、甘皮を整え、そのあとに形作りのアタッチメントで爪全体を磨きます。最後に表面を磨くアタッチメントに変えて仕上げ。

アタッチメントは3種類。右から甘皮ケア、形作り、表面仕上げ。

特にコツも必要ないところがポイント。誰でも簡単にネイルケアができるのがいいですね。

☆☆☆

どれも300円以下というリーズナブルな価格。手軽に試せるところが、話題を集めている一因かもしれません。これから年末にかけては、パーティーや飲み会が増える時期。サクッとダイソーの美容グッズでお手入れして、輝く自分を演出してみてはいかがでしょうか。

※店舗によって品揃えが異なり、在庫がない場合があります。また掲載商品については廃盤、仕様変更等となっている場合があります。

文/栗山 佳子