住宅の55歳男性遺体に50カ所以上の傷 強い殺意があったか

ざっくり言うと

  • 8日、東京・東久留米市で55歳の男性が首や胸などを刺されて殺害された事件
  • 傷は50カ所以上あり、そのうち背中まで達する傷も複数あったことが分かった
  • 刃部分の厚いものが凶器とされ、警視庁は犯人に強い殺意があったとみている

◆東久留米市の住宅で男性が血を流して死亡

警視庁は強盗殺人の疑いで捜査している

news.livedoor.com

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x