無罪が確定した山内泰子さん(中央右)とこれまでの苦労を労う家族と弁護団(写真は一部処理しています)


(柳原 三佳・ノンフィクション作家)

「生後2カ月の孫を激しく揺さぶって死亡させた」として傷害致死罪に問われ、一審で懲役5年6カ月の実刑判決を受けた山内泰子さん(69)に、大阪高裁は10月25日、逆転無罪の判決を言い渡しました。そして、11月8日、大阪高検が上告を断念した旨を発表し、無罪が正式に確定しました。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

「揺さぶられっ子症候群」仮説が引き起こす深刻な問題

 山内さんの弁護団の一人で「SBS検証プロジェクト」の共同代表である秋田真志弁護士は、逆転無罪判決が確定したことを受け、同プロジェクトのサイトに次のコメントを発表しています。

「この3年間に、山内さんやそのご家族が味わった苦しみからすれば、決して手放しで喜べません。しかし、この判決が、SBS仮説の見直しにつながり、冤罪や誤った親子分離を生まないきっかけとなることを期待したいと思います」

 秋田弁護士が指摘する「SBS仮説」の深刻な問題については、

『虐待』の濡れ衣、もし着せられそうになったら(JBprss 2019.4.11)
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56077

 のほか、『私は虐待していない 検証 揺さぶられっ子症候群』(柳原三佳著・講談社)でも詳しくレポートしていますが、今回の大阪高裁判決は、乳幼児の脳に<ゝ淦硬膜下血腫 脳浮腫 4稍貊亰譟笋箸い3兆候が見られれば、すぐさま「乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)=虐待」を疑え、という理論の危うさにも踏み込んでおり、今、日本で進行している同様の事件の裁判に大きな影響を与えることは間違いないでしょう。

 では、なぜこの裁判で逆転無罪判決が下されたのでしょうか。法廷で目の当たりにした出来事をレポートしたいと思います。

「虐待」か「病気」か? 真っ二つに割れた争点

「私は娘の自宅で少しの間留守番をし、孫はすやすやとお昼寝していただけです。今の私にとって、孫たちは生きがいです。どうして虐待などできるでしょうか・・・」

 逮捕時から、山内さんは一貫してそう主張してきました。

孫と遊ぶ山内さん


 しかし、一審の大阪地裁(飯島健太郎裁判長)は、検察側証人である小児科・M医師の証言に基づき、「1秒間に3往復の大人が全力で揺さぶる程度の暴行があった」と、犯行の状況を具体的に認定。そのうえで、「それができたのは、赤ちゃんの容態が急変する直前に一緒にいた祖母だけ」であり、「偶発的・突発的に及んだ事案である」として、2017年10月、懲役5年6か月の実刑という厳しい判決を下しました。

 この判決に納得できなかった山内さんは即日控訴。

 二審から「SBS検証プロジェクト」の弁護団に刑事弁護を依頼し、新たに複数の脳神経外科医に協力を求めたのです。

脳のCT画像を誤読していた検察側の小児科医

 高裁では、複数の医師に対する証人尋問が行われました。そして、この段階にきてこの事件の大前提を揺るがす、重大な事実が浮上します。

 脳の専門家である脳神経外科医が、

「CTの画像を見る限り、赤ちゃんの脳には急性硬膜下血腫は見られない」

 という意見を述べたのです。

 そのうえで、

「脳の中で起こった出血は、揺さぶりのような外力によるものではなく、内因性のもの。脳静脈洞血栓症という脳の病気だった可能性が高い」

 という見解が示されました。

 つまり、一審で有罪の根拠となった「乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)の3兆候」のうちのひとつである「急性硬膜下血腫」が、そもそも存在しなかった、ということになるのです。

 日ごろから脳の手術を行い、多くの脳外傷の症例を見ている脳神経外科医の証言は傍聴席で聞いていても具体的で、経験に裏打ちされたものでした。

 ところが、小児科のM医師は、こうした診断結果を突きつけられても、真摯に耳を傾け検討するどころか、こんな言葉を使って誹謗してきました。

「荒唐無稽を通り越してファンタジーである」

 なぜ脳神経外科医の意見が“ファンタジー”なのか? その医学的なデータは、結局、示されることはありませんでした。

裁判所に提出済みの資料を「撤回」「排除」?

 またM医師は、自身が裁判所に証拠として提出していた資料の誤りを反対尋問で指摘されると、弁護人の問いをたびたび遮り、質問の途中であるにもかかわらず、「いいですよ。じゃ、このスライドを撤回しても」「このスライドは排除していただいても全然かまわないですけど」と連発。開き直るような態度を見せていました。

 山内さんは「専門家」であるM医師の意見に基づき、「揺さぶり虐待をした」と判断され、一審で有罪になっているのです。証言台での無責任な答弁に、傍聴席からはため息が漏れていました。

 それだけではありません、M医師はほかにも、眼科に関する専門用語を「揺さぶられ症候群」の項目にある傷病名に置き換えたり、原典と異なって監訳された医学文献を恣意的に引用するなど、裁判所の事実認定を誤らせかねない不合理な断定をしていたことが分かっています。

 CT画像の読影の誤りを指摘されたときには、こんな一幕もありました。

 弁護人がM医師に、『今さら聞けない画像診断のキホン』という本の記載を指し示し、「それでも脳神経外科医の証言を否定するのですか?」と追及すると、M医師はこう答えたのです。

「それは、僕は経験がないですし、そこは判断できません」

 警察や検察は、なぜ、脳に関する事案の判断を小児科のM医師に任せたのか。本来なら起訴する前の段階で脳神経外科医や放射線専門医の意見を仰ぐべきではなかったのか・・・。

 高裁の証言台に立った脳神経外科医が、怒りを込めた口調で発したこの言葉が印象的でした。

「我々脳神経外科専門医は、あのCT写真の水平断を見ただけで、これは本当に激しい揺さぶりによって生じた頭蓋内出血、硬膜下血腫なのかな、という強い疑念がございます。それはたくさんの症例を見てきた専門家としての知識と経験でそのように申し上げるのです。決して教科書や論文だけで取ってきた知識ではございません」

「虐待」か、それとも「病気」か・・・。

 山内さんと家族のこれからの人生を大きく左右する、極めて重大、かつ基本的な事実認定についてのこうしたやり取りを傍聴しながら、私はとてつもない恐ろしさを感じました。

SBS理論を「危うい」と断じた高裁裁判官

 2019年10月25日、大阪高裁(村山浩昭裁判長)は、弁護側に立った脳神経外科医らの「外力によるものではなく内因性の出血の可能性が高い」という内容の証言を全面的に採用し、

「被害児の症状が外力によるものとすることもできないし、被告人と被害児の関係、経緯、体力等といった事情から、被告人が被害児に暴行を加えると推認できるような事情もない」

 として、一審判決を破棄。実刑判決から一転、逆転無罪の判決を言い渡しました。

 そして「SBSの3兆候」のひとつである急性硬膜下血腫の存在は確定できないとしたうえで、SBS理論そのものについても次のように警鐘を鳴らしました。

「SBS理論を単純に適用すると、機械的、画一的な事実認定を招き、結論として事実を誤認するおそれを生じさせかねない」

 極めて異例の言及だといえるでしょう。

誰もが「理論」で虐待を疑われる危険性

 目に入れても痛くない可愛い孫やわが子が、突然の病気で亡くなってしまう。その悲しみの中、もし、自分や家族が「虐待をした犯人」と疑われ、逮捕、起訴され、有罪になったら・・・。

 想像するのも辛いことですが、「虐待許すまじ」の風潮が強い今の日本では、証拠がなくても、「SBS理論」を根拠にした医師の鑑定によって「乳幼児揺さぶられ症候群」と診断され、一緒にいた保護者が無実の罪に問われる可能性があります。

厚労省はDVDやYouYubeで乳幼児揺さぶられ症候群の危険性を啓蒙している(厚労省HPより)


 私のもとには、「つかまり立ちから倒れて脳出血が起こってしまったが、虐待を疑われている」「お昼寝中に突然具合が悪くなり脳出血が見つかったのだが、揺さぶっただろうと言われた」といった保護者たちから切実なメールが届いています。そして、今も複数のSBS裁判が進行しており、長期間にわたって児童相談所にお子さんを保護されているという家族も多数おられます。

 来年2月6日、大阪高裁で判決予定のSBS事件も、山内事件と同じく検察側証人はM医師です。

 虐待が絶対に許されないのは当然のことです。しかし、冤罪も生んではなりません。理論や文献だけをベースに、机上で事実認定を行うことは危険だといえるでしょう。

 無罪を勝ち取ったとはいえ、逮捕時に実名で大々的に報じられ、1年3カ月にも及ぶ拘置所生活を強いられた山内さんの名誉と家族との時間を完全に回復することはできないのです。

筆者:柳原 三佳