テムズ川とロンドンの街並み


「リスクのないところにビジネスチャンスはない」

 ビジネス社会でしばしば使われる「格言」です。リスクを冒してはじめてビジネスで大きな成功をつかみ取ることができる、というわけです。

 しかし、だからといって、むやみにリスクを背負っては成功は得られません。不必要なリスクはできるだけ減らし、必要なところで果敢にリスクをとりにいく――これが、ビジネスで成功する秘訣であるはずです。

 では、どうすればそんな芸当が可能になるのでしょうか。1つの答えは、保険の活用です。

 現代のわれわれは、保険によって事業の様々なリスクをカバーしています。保険が発達するためには、その基礎となる確率論と統計学の発展が欠かせませんでした。確率論と統計学が発達し、それが保険業を発展させ、さらにはビジネスを、ひいては世界を大きく変えていったのです。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

保険の起源

 保険の発展は、交易や貿易(他国との交易)の発展とともにあったと言うことができます。はるか昔は、遠隔地間での物品のやり取りには、そのルートが陸路であれ海路であれ、自然災害や盗賊の存在などのため、大きなリスクの伴うものでした。その交易・貿易のリスクをヘッジするために、保険は発展しました。

 世界最古の保険は、前2000年代のバビロニアまで遡ると言われています。交易を行うキャラバン隊が災害や盗賊に遭ったときに、その侵害を補填する仕組みがあったそうです。また。古代ギリシアやローマでも保険に似た仕組みが利用されていたようです。

 一般には、近代的な意味での最初の保険は、14世紀中頃のジェノヴァではじまったとされます。実際、ジェノヴァでは保険条例が定められ、海上保険証書も発行されています。この保険の内容は、航海が失敗した時には金融業者が積荷の代金を負担するが、航海が成功した時には船主・荷主の側が金融業者に手数料を支払う、というものでした。これが近代的な保険の起源とされています。

 ただし当時の保険は、手数料(保険料率)の算出に、確率論を応用していませんでした。したがって、このジェノヴァの保険システムも精緻さという点では、現代の保険とはずいぶん差があるものでした。

「事業の永続性」と「大数の法則」

 確率論の基本定理の一つに、「大数の法則」があります。これは、たとえばサイコロを1回振ってみてどの目が出るかは全くの偶然ですが、無限にサイコロを振っていけば、1から6まで、それぞれの目が出る確率は6分の1に限りなく近づいていく、というものです。この法則は1713年にスイスの数学者ヤコブ・ベルヌーイによって発見されます。この定理が、保険理論にはなくてはならないものになっていきます。これにより保険料の算定に、きちんとした統計的根拠が備わるようになっていったのです。

 ところで現代社会では、会社はずっと続くということが前提とされています。だからこそわれわれは、企業間の取引を行うことができます。しかし、このように「事業の永続性」というのは、近代の産物であり、比較的最近生まれたものなのです。

 例えば中世のヨーロッパでは、遠方との貿易のようなビッグビジネスにおいては、企業は一回かぎりの事業のために設立され、その事業が終わったら解散されるものでした。事業の永続性はなかったのです。そのために、大数の法則が成り立つような取引は成立しなかったのです。

 保険のシステムというのも、この事業の永続性と大きく関係しています。

 事業に永続性があると考えられるからこそ、経営者は、長期的にものごとをとらえようとします。たとえば、ある海上ルートを1回だけ通った時、途中で難破する可能性が20%あったとします。金額にもよりますが、この時は「保険はかけない」とする決定が合理的なように思われるかもしれません。

 ところが、絶えずこのルートを通るということになれば、航海に海上保険をかける方が合理的な行動になります。事業が永続的であればあるほど、保険によってリスクをヘッジすることのメリットが強まるのです。

 事業が永続的になるのは、より正確には永続的であると期待されるようになるのは、国によって、また業種により多様であり、簡単に判断できることではありません。海運業や貿易に限定して考えたとすれば、国際的な「定期航路」が明確に形成される19世紀後半になってからのことであったものと思われます。

 おそらくこの頃に、海運業において、海上保険の役割が大きくなってきたものと思われます。蒸気船の使用によって定期航路の規模が拡大し、使用される船舶数が急速に多くなったため、事故率は、大数の法則に従うようになってきたと推測することができるでしょう。

 ここでようやく、統計学的手法により、リスクをヘッジすることが可能な社会が誕生したのです。

「政治算術」

 17世紀後半のイギリスでは「政治算術」という研究が発展しました。

 政治算術とは、言ってみれば「国家の解剖学」ですが、統計学の嚆矢とも言えます。国家の成り立ちを、一つの生命体を解剖するように、バラバラにして分析し、数値を用いて国家の未来を予想するという手法です。その代表的な担い手が、ずばり『政治算術』を著したウィリアム・ペティでした。彼は医師でもありました。当然解剖学の知識もあります。医学の知識をベースにして、国家をも解剖しようとしたのです。

 このような思想が発展した背景には、世の中の動きを数量化して観察しようという機運の高まりがありました。

 たとえば、1689年に政治算術家のグレゴリー・キングによって書かれた統計には、下の表のような貿易の内容が記録されています。

【1688年の国民の貨幣の増大ないし輸入された十分な財宝】
貨幣ないし十分な財宝の総輸入額    1,250,000ポンド
貨幣ないし十分な財宝の総輸出額     550,000ポンド
貨幣ないし十分な財宝          700,000ポンド
       (中略)
商品の総輸入額            5,870,000ポンド
再輸出を引いた額           1,280,000ポンド
商品の輸入額             4,590,000ポンド
(出典:John A. Taylor, British Empiricism and Early Political Economy: Gregory King’s 1696 Estimates of National Wealth of Population, Westport, 2005, p.116.)

 ここからも、政治算術家は貿易の実態を把握し、国家を解剖しようとした意図が読み取れると思います。ただし、この時点においても高度な数学が使われていたわけではありません。大数の法則が発見されるのも、もう少し後のことです。

 この時代には、大数の法則が必要とされるほどに取引量が増えていたわけではないのです。まだ、経験主義的な数値の処理で十分だったのです。

海上保険の発展とイギリス

 近代的な保険が花開くのは19世紀のイギリスでした。それは、2つの歴史が交錯することで発生したことでした。

 1つは保険市場です。

 1688年頃のロンドンで、エドワード・ロイドという人物がテムズ河畔の船着き場近く、タワー・ストリートにコーヒーハウスを開店しました。ちょうど17世紀は、貿易の中心がイタリアからオランダやイギリスに変わっていった時代です。ロイドの店も、貿易商や船員たちで賑わうようになりました。そこでロイドは常連客のために最新の海事ニュースを発行するサービスまで始めます。するとますますこのコーヒーハウスは繁盛するようになったのです。


 連日大賑わいの店が手狭になってくると、ロイドは1691年にコーヒーハウスをロンバード・ストリートの中央郵便局の隣に移転します。すると今度は、アンダーライター(保険引受業者)までもが店に集まるようになります。

 この頃のロンドンの港は、貿易で活況を呈していました。海上保険の需要もますます高まっていたのです。それを生業にする人々が集まる店が、一つの保険市場の役割を果たすようになるのは自然の成り行きでした。そのうちに、この店を拠点に活動する保険業者は、「アンダーライター・オブ・ロイズ・コーヒーハウス」として知られるようになります。

 それから間もなく、1720年のことです。イギリスで、有名な南海泡沫事件が起きてしまいます。バブル経済の崩壊です。

 これによりロンドンの証券市場は崩壊します。コーヒーハウスの人々には、これが大きなチャンスとなりました。事態収拾の一環として、議会は保険引受業務を勅許を受けた2社のみに限定することにしました。これにより、それ以外の保険会社は淘汰されることになりましたが、ロイズ・コーヒーハウスの面々は会社組織ではなかったため、ライバルがいなくなった中で、保険引き受けを継続することができたのです。

 さらには勅許を受けた2社が、その後、海上保険から撤退し、火災保険に軸足を移してしまいます。海上保険はロイズが独占するようになるのでした。こうしてロイズは巨大な保険市場となっていきます。

ロンドンのロイズ保険ビル


「蒸気船」出現で増す貿易量

 もう1つの歴史は、蒸気船の登場です。初めて蒸気船が実用化されるのは1807年のイギリスです。ここからイギリスの海上貿易は、急激に発達していきます。

 そうなれば、海上保険の需要はますます高まります。同時に、大数の法則が利用され、保険の仕組みもどんどん精緻化されていきます。こうして近代的海上保険がイギリスで発達していったのです。

 蒸気船による活発な貿易と、それを支える保険の仕組み。これを両輪としてイギリスは、当時のグローバルビジネスの覇権をがっちり握ったのでした。イギリスは産業革命によって世界最初の工業国となり、経済力を伸ばしますが、それだけではなく、近代的保険というリスクヘッジの仕組みがあったということも、忘れてはならないでしょう。

筆者:玉木 俊明