厳選!2歳馬情報局(2019年版)
第25回:ルーツドール

 秋のGIシリーズがいよいよ再開。さらなる盛り上がりを迎えるなか、2歳戦線でも注目の良血馬、期待馬が次々にデビューしている。

 栗東トレセンの藤岡健一厩舎に所属するルーツドール(牝2歳/父ジャスタウェイ)も、初陣を間近に控えた話題の1頭である。


兄フィエールマンに続く活躍が期待されるルーツドール

 彼女に注目が集まるのは、偉大な兄の存在があるからに他ならない。その兄とは、現役トップクラスの実績を持つフィエールマン(牡4歳/父ディープインパクト)だ。

 フィエールマンは昨年1月、3歳になってデビューすると、新馬、500万下(現1勝クラス)特別と連勝を飾った。その後は、体質面の弱さなどもあり、春のクラシックには挑めなかったものの、およそ3カ月ぶりとなるGIIIラジオNIKKEI賞(福島・芝1800m)で2着と奮闘。4コーナー13番手という位置から強烈な追い込みを見せて、あらためて能力の高さを証明した。

 そして、圧巻だったのは、次走のGI菊花賞(京都・芝3000m)。前走から約3カ月半ぶりという異例のローテーションながら、見事な勝利を飾ったのである。

 道中は、中団のやや前方に控えたフィエールマン。直線に入って馬群に包まれるも、前が開くと鮮やかな伸び脚を披露した。先に抜け出した2番人気のエタリオウを内から捉えると、最後はハナ差先着して激戦を制した。

 4歳となってからも、GIIアメリカジョッキークラブC(中山・芝2200m)こそ2着に敗れるも、続くGI天皇賞・春(京都・芝3200m)で再び強さを発揮。グローリーヴェイズとの叩き合いをクビ差で制して、2つ目の勲章を手にした。

 こうして、現役トップクラスの実力を示すと、夏のGII札幌記念(3着。札幌・芝2000m)を挟んで、秋には世界最高峰のレース、GI凱旋門賞(フランス・芝2400m)に挑戦した。結果は12着。慣れない馬場で、世界の強豪馬相手には振るわなかったものの、今後の活躍がまだまだ期待される1頭だ。

 そんな実力馬の妹となるルーツドール。デビューに向けて順調に調整されてきて、「藤岡調教師はいい感触を得ているのではないか」と、関西競馬専門紙のトラックマンは言う。

「藤岡調教師は、『調教をするたびに、動きはよくなっていて、能力は高いと思う』とコメントしていますからね。ちなみに、フィエールマンとは父がディープインパクトからジャスタウェイに代わっていますが、その点についても、藤岡調教師は『(ジャスタウェイの父であるハーツクライ産駒の)姉ルヴォワールもそれなりに走っているし、問題ないのでは』と話していました」

 デビュー戦は、11月16日の2歳新馬(東京・芝1600m)を予定。関西馬ながら関東で初陣を迎えるのは、おそらくコンビを組むクリストフ・ルメール騎手のスケジュールに合わせたからだろう。そうやって名手に託すあたりからも、同馬への期待の高さがうかがえる。

 なお、兄フィエールマンは長距離GIを2勝。ルーツドールの距離適性について、陣営はどう見ているのか。前出の専門紙記者は、こう語る。

「藤岡調教師によれば、『1600mでデビューするが、体つきから、距離は伸びても大丈夫』とのこと。やはり兄同様、長い距離ほどよさそうな雰囲気で、ゆくゆくは距離を延長していくと思います。フィエールマンと比べるのは、『まだかわいそう』と藤岡調教師は言っていますが、この時期の2歳馬としては、かなり期待値が高いのではないでしょうか」 はたして、ルーツドールは兄フィエールマンと同じようにGI戦線で活躍することができるのか。まもなく迎える初陣の走りをしっかりと見届けたい。