蘇生した米の受刑者が刑期満了を訴えるも 裁判所「死者の訴訟は無意味」

ざっくり言うと

  • 米国で終身刑を言い渡されていた男が2015年、病気により危篤状態に陥った
  • 蘇生措置を受けて回復した後、一時的に死んだため刑期を満了したと主張
  • 釈放を求めて裁判を起こしたが、死者による訴訟は無意味との判断が下された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x