「どうせ死刑に…」入院中の容疑者 京アニ放火殺人

写真拡大

 京都アニメーションの放火殺人事件で、入院中の容疑者の男が「どうせ死刑になるから」などと話していることが分かりました。

 青葉真司容疑者(41)は7月、京都アニメーションにガソリンをまいて火を付けたなどの疑いが持たれています。この事件では従業員36人が亡くなり、33人が重軽傷を負いました。捜査関係者によりますと、入院中の青葉容疑者に8日に京都府警が任意で事情聴取をした際「どうせ死刑になるから」と話し、「人が多そうだから第1スタジオを選んだ」という趣旨の話もしているということです。警察は青葉容疑者の逮捕の時期について、勾留に耐えられるかどうか医師の判断も踏まえて慎重に判断する方針です。