ボクシングWBSSバンタム級で優勝した井上尚弥(26)が9日、SNSを更新。右目眼窩(がんか)底骨折をしていたことを明かした。眼窩とは眼球の周辺の骨のことを言う。井上は7日に行われた元世界5階級制覇王者ノニト・ドネアとの決勝戦で右目のまぶたをカットされ、流血。試合後、控室でドクターの応急処置を受けていた。

 井上はインスタグラムとツイッターで「報告があります。眼球には異常なしと伝えましたが、2Rの左フックで右目眼窩底骨折をしていました」とまぶたが切れただけではなく、骨折していたことを公表。手術を回避し、当面は絶対安静にして回復を待つことを明かした。

 インスタには試合で右目まぶたから流血し、手当を受ける激闘の写真を投稿。「来年の試合には影響がないそうなのでまた頑張ります!!」と早くも来年の試合に意欲。「ちなみに鼻も骨折していました。。ドネアの左フックはやっぱり強烈だった…」と鼻も骨折していたことを告白した。

 インスタとツイッターのコメント欄には「ゆっくり治療に専念してください」「たくさん休んでください」「治りの早さもモンスター級でお願いします」などの激励のメッセージが続々。中には「ドネア選手のパンチ凄かったんですね!」「ドネアのパンチ、恐るべし」と驚く声も寄せられている。