悔やまれる5回・川内鹿児島実の右腕エース・大村真光

 準々決勝を共に接戦で勝ち抜いた両者の対戦は、立ち上がりから両投手を中心に緊迫した好ゲームとなった。

 2回表、川内は9番・田原隼のセンター前タイムリーで先制すれば、その裏、鹿児島実は二死一三塁で一走がけん制で飛び出して挟まれる間に、三走・霤陳勝が判断良く本塁を陥れて(記録は重盗)同点に追いついた。

 川内は4回、二死から7番・堀口慶人がセンター前ヒットで出塁し、8番・松永玖斗が右中間を破る三塁打を放って勝ち越した。

 試合の流れを決定づけたのは5回裏だった。鹿児島実は一死一三塁から暴投で同点に追いつく。3番・城下拡のレフト前タイムリーで勝ち越し、4番・平石匠がライトオーバー二塁打、5番・板敷昂太郎が右中間三塁打で続く。この回打者一巡で6点を奪って一気に主導権を手繰り寄せた。7回にも集中打を浴びせて2点を追加した。

 川内は9回表、下位打線が粘って無死満塁と最後の意地をみせたかったが、力投を続けた鹿児島実の右腕エース・大村真光が踏ん張り、一死報いることはできなかった。

 投打で存在感を放った川内の左腕エース・堀口だったが「5回の投球が悔やまれる」と無念さをにじませた。

 2、4回と自らのバットで得点のチャンスを作り、投げては鹿児島実の強力打線を序盤はきっちり抑えていた。5回、一死一三塁とピンチの場面で「低めを狙いすぎて力んでしまった」と2つの暴投。同点に追いつかれ、ボールが甘くなったところを鹿児島実の中軸につかまり長打を浴びた。

 準々決勝・鹿児島情報戦では初めて完投した試合で3安打完封。テンポ良く投げて打たせて取る自分の投球が通用する自信をつかんだ。秋は外野手でレギュラーだったが「冬場はもっと力をつけて、エース番号を勝ち取れる投手になりたい」と冬場の更なる飛躍を誓っていた。

(文=政 純一郎)