中西、被安打2の完封で国士舘、2年連続で決勝進出2安打完封勝利を挙げた中西健登(国士舘)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 都立城東のエース、1年生の左腕・林 平太郎は、最速が120キロ程度で、特に威圧感はない。それでも、これまで対戦したチームの監督は、「大したことはない」と思いつつも、抑えれてきた。さすがに準決勝まで来ると、国士舘の永田昌弘監督も「打ちづらいのには、何かがある」と警戒する。しかし途中まで国士舘は、都立城東・林の術中にはまりかけていた。 国士舘は一部負傷者が出たこともあり、遊撃手だった鎌田州真が4番の背番号通り二塁手になるなど、メンバーやポジションを入れ替えていた。

 1回裏国士舘は、この試合1番に抜擢された1年生の林 悠永の右前安打などで2人の走者を出すものの、得点はできない。 3回裏は林の内野安打に、2番・伊藤優の犠打エラーなどで一死一、三塁としたが、後続が抑えられる。 4回裏は一死二塁から7番に下がった黒澤孟朗が投ゴロ。二塁走者の鎌田が挟まれアウト。その間に黒澤も二塁を狙うがこれもアウトになるという、ちぐはぐな攻撃。

 こうなると都立城東に流れが行きそうだが、国士舘の先発・中西 健登は、サイド気味のフォームからキレのいいカットボールなどで全く危なげがない投球。4回までは1人の走者も出さず、5回表に都立城東の4番・千野 亜真汰が初安打をはなったものの、犠打で二塁に進めるのがやっとだ。

 5回裏もチャンスを潰した国士舘は、6回裏もこの回先頭の4番・齋藤 光瑠が右中間を破る二塁打を放ったが、5番・鎌田のバントで齋藤は二、三塁間に挟まれアウトになり、チャンスが広がらない。それでも6番・吉田 健吾の左前安打、7番・黒澤の四球で一死満塁となる。「中学時代は野手だったので、バッティングは好きです」と語る、先発投手で8番の中西が右犠飛を放ち、国士舘がようやく先取点を挙げた。ところが、どういうわけか、一塁走者の黒澤が飛び出しており、これはアウト。得点は入った後ではあったものの、不必要な走塁で、さらにチャンスを拡大することはできなかった。

6回に先制点を挙げる国士舘

 それでも、粘り強く投げていた城東の林にしても、体力的には厳しくなっていた。7回裏からは林は一塁に回り、やはり1年生の鳴坂 隼がマウンドに上がった。 8回裏国士舘は鳴坂を攻め、3番・清水 武蔵の右前安打からバント安打も含め5人連続の安打。1番・林のこの試合3本目の安打もあり、この回4点を挙げ、国士舘が試合を決めた。

 都立城東は、昨年のベスト8に続き、今年もベスト4と健闘した。林の好投に表れるような、考える野球が光った。夏に向けては、そこにどれだけパワーが加わるかが重要になってくる。

 国士舘の中西は、9回表の都立城東の攻撃も三者凡退に抑え、5−0で国士舘が勝利した。完封した中西は被安打2、四死球0、奪三振9の好投。球数は94球であった。決勝戦は連投になる。帝京打線について、「1人1人に力がある」と警戒するものの、意欲は十分だ。永田監督は、「帝京の方が力は上」と語るものの、昨年の決勝戦も、前評判では劣勢だったが、先行逃げ切りで東海大菅生を破り優勝している。果たして今年はどうなるだろうか?

■日程詳細・応援メッセージ秋季東京都大会トーナメント表

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】