初スタメン・尾瀬のサヨナラ打で帝京、創価を破り8年ぶりの決勝進出追撃の本塁打を放った武者倫太郎(帝京)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 秋季都大会もいよいよ準決勝。激戦の末、日大三を破り勢いに乗る帝京と、好投手・森畑 侑大を擁する創価の対戦。試合は創価が序盤のチャンスを生かしていれば、一方的な展開になったかもしれなかった。

 1回表創価は、1番・島本 康平が二塁打を放つなどして一死一、三塁のチャンスをつかんだが、4番・高沢 春佑、5番・石坂 大河が三振に倒れる。2回表も2安打1死球で二死満塁としたが、2番・庄司 一馬が三振に終わる。3回表も一死二、三塁としたが、得点できない。ここまでは、帝京の先発・田代 涼太が走者を出しながらも、辛抱強い投球で踏みとどまった。

 ただ走者を出し続けている以上、抑えるのにも限界がある。4回表、1安打、2四死球などで二死満塁となり、4番・高沢がライト線に二塁打を放ち、創価が2点を先制した。

 一方、創価のエース・森畑は、140キロ近い速球にフォークボールなどを織り交ぜ、快調な投球。5回を終わって帝京打線を3安打無失点、その3安打のうち2本は内野安打だった。

 帝京の前田三夫監督は選手たちに、「スイングが大きい。同点に追いつくまではコンパクトにいこう」と指示する。 その効果が表れたのは、6回裏であった。帝京の長打力がある1番打者・武者 倫太郎がコンパクトに振った打球がレフトフェンスギリギリを超える本塁打となった。一死後、「熱くならず、冷静にいこう」と考えた加田 拓哉も、やはりコンパクトに振り、左中間のスタンドに入る本塁打を放ち同点に追いつく。 このころ、力投していた創価の森畑は足がつり始め、7回の登板の時には、治療のため試合が一時中断した。それでもこの回の帝京の攻撃を三者凡退に抑え、2本の本塁打以外は危なげがなかった。

サヨナラ勝ちを収めた帝京

 対する帝京も4回途中から登板した2番手の柳沼 勇輝が好投。6回表に創価の3番・宮原 光夫に三塁打を打たれたものの、これは二死から。130キロ台後半の速球と、ツーシームなどキレのある変化球で創価打線を抑え、試合は延長戦に突入しそうな雰囲気になってきた。

 9回裏の帝京の攻撃も二死。6番・御代川 健人が敵失で出塁すると、7番・阿出川瑠己は四球で一、二塁。打席にはこの試合が初スタメンで、身長が166センチと小柄な尾瀬 雄大。前田監督が、「彼は小さいけれども勝負強い」と、期待する1年生だ。左打席に入る尾瀬に、主将の加田が伝令で歩み寄り、逆方向に意識を持つように伝える。期待通り尾瀬は、逆らわずセンターに打って、二塁から御代川が生還。帝京がサヨナラ勝ちで8年ぶりの決勝進出を決めた。

 創価はエースの森畑をはじめ、個々の能力は高いものの、チャンスでなかなか一本が出ず、得点機を逃したことが最後まで響いた。能力の高いチームだけに、春以降の成長に期待したい。

 帝京は日大三戦の壮絶な試合の勝利に続き、この試合でも、劇的なサヨナラ勝ち。ベテラン・前田監督の執念に加え、前田監督が「加田がしっかり締めています」と信頼する主将・加田のリーダーシップでチームに活力が出てきた。優勝まであと1勝。帝京が久々の甲子園出場を確実なものとするか、注目の一戦になる。

(記事=大島 裕史)

■日程詳細・応援メッセージ秋季東京都大会トーナメント表

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】