故障者/大分=小林成、伊佐 G大阪=倉田、福田
出場停止/大分=なし G大阪=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ31節
大分トリニータ ― ガンバ大阪
11月10日(日)/14:00/昭和電工ドーム大分

大分トリニータ
今季成績(30節終了時):8位 勝点43 11勝10分9敗 32点・29失点

【最新チーム事情】
●前節はFC東京に敗れたが残留決定
●オナイウがA代表、岩田がU-22代表に選出
●「勝点50、ひと桁順位」に目標を修正

【担当記者の視点】
 4試合残して今季最大のミッションである残留をクリア。嬉しい知らせは続き、オナイウが日本代表に初選出され、岩田もUー22日本代表に選ばれた。ただ、祝福ムードが気持ちの緩みになることを懸念して、片野坂監督は目標を「勝点50、ひと桁順位」に修正した。

 天皇杯準々決勝の神戸戦、前節のFC東京戦では力量差を見せつけられ敗戦。ある程度攻め込む時間帯はあったが、クロスの数に対しシュート本数が少なく、最終局面でのクオリティに課題を残す。そこは当事者個々の問題であるだけに頭を悩ますところ。
J1リーグ31節
大分トリニータ − ガンバ大阪
11月10日(日)/14:00/昭和電工ドーム大分

ガンバ大阪
今季成績(30節終了時):9位 勝点38 9勝11分10敗 44得点・43失点

【最新チーム事情】
●脳しんとうや顔面骨折で離脱している倉田が6日の練習で部分合流。
●遠藤は軽い打撲で6日の練習は別メニュー。
●日本代表に井手口と三浦、U−22代表には谷が選出。

【担当記者の視点】
 今季は何かと暗い話題が多かったが、ここにきてチームに明るさが戻ってきている。まず三浦と井手口が久々の日本代表復帰。倉田も部分的とはいえ練習に合流した。そして前節の湘南戦では宇佐美に日本復帰後初となる2得点が生まれ、残留へ王手をかけた。

 大分には4月の戦いでドロー。守備的な戦いで臨んだが相手のパスワークに苦しんだ。ただ、今回はシステムもメンバーも大幅に入れ替わっての一戦。代表落選の宇佐美の、悔しさを晴らす2戦連発に期待したい。