9日の京都6R新馬戦(ダート1800メートル)は3番人気サンライズホープ(牡=羽月、父マジェスティックウォリアー)が逃げ切った。川須は「スタートを決めて淡々としたリズムで運べました。大型でまだ緩いけど、2着馬が来ても抜かせなかった。これからが楽しみ」と振り返った。