一般財団法人阪大微生物病研究会(大阪府吹田市)は9日、子会社でワクチンを製造する「BIKEN(ビケン)」瀬戸事業所(香川県観音寺市)で、ポリオウイルスを含む培養液100リットルを下水に誤って流したと発表した。

 最大10兆個のウイルスが排水されたとみられるが、人への病原性が極めて小さいタイプのため、同研究会は「人体への影響はない」としている。

 研究会によると、流出したのはポリオやジフテリアなどを予防する混合ワクチンの原料。10月26、30日に廃棄した培養液にウイルスが混入していた。ウイルス混入時は加熱処理して廃棄する必要があったが、混入しているとは思わず、そのまま流したという。今月8日、残していた液からウイルスが見つかって発覚した。

 研究会は流出した培養液は海水で薄められ、ウイルスは数週間で死ぬことなどから「人や動物への影響はないと考えている」としている。