阪神にドラフト5位指名を受けた藤田健斗捕手(18)=中京学院大中京高=が9日、長浜市内のホテルで入団交渉を行い契約金3000万円、年俸500万円で合意した。

 「街を歩いていても、応援してくださる方がいる。日に日にプロ野球選手になるんだと実感がわいていますし、これからもっともっと頑張っていかないといけないと思います」

 今夏の甲子園では4番&主将として4強進出に大きく貢献。3月に奈良で行われた高校日本代表の1次候補選手による国際大会対策合宿ではロッテの1位指名の佐々木朗希投手(18)=大船渡高=が投じた163キロを捕手として受け止めた選手でもある。「(捕っただけで)自分が何かをしたわけではないので。次は自分が活躍したい」と力強い。

 今後は来週にも秋季キャンプを行っている安芸にも視察に訪れる予定だという。限りない可能性を秘めた18歳が、大きな夢を胸に虎にやってくる。