藤浪が復活してくれるなら、それが一番の補強になる

写真拡大

 今年のドラフトは、久しぶりに生放送で見れました。去年まで関西の方で同じ時間帯に裏番組の生放送があり、いつも結果しか見れなかったので、久しぶりに手に汗握りました。

 タイガースは注目の星稜・奥川投手を1位指名し、ヤクルト、巨人と競合。僕もお世話になってるヤクルト・高津新監督。今年リーグ優勝した名将、巨人・原監督。そして、わが矢野監督。なんか高津さんやし、なんか引きそうやな〜。でも、3分の1やし頼む!! でも、なんか高津さん引きそうやな〜。いや、奥川は甲子園が1番似合っている。だから頼む!! でも、なんかヤクルトっぽいなぁ〜。

 結局、ヤクルト・高津新監督が引き当てました…。こればかりは縁やから仕方ない。で、阪神タイガースの1位は創志学園・西投手。良いじゃないですか〜。

 2位に履正社の4番・井上選手。

 3位に横浜高・及川投手。

 4位に東海大相模の遠藤選手。

 5位に中京学院大中京の藤田捕手。

 6位に東海大九州の小川投手。

 いや〜なんかタイガースぽくないと言うか、日本ハムのドラフト指名みたいな(笑)

 高校時代に甲子園で活躍した選手をたくさん指名して、ファンとしては夢が広がりますね〜。ん? でも、高卒入団で1軍でバリバリやるまでの育成、巨人の岡本で4〜5年かかったかな? 高卒で1年目から先発ローテ? 中継ぎ? 抑え? いや、大事な大事な金の卵。しかもほとんど高校生。ゆっくりじっくりと大きく育てましょう!! って事は、矢野監督の任期中に見れるのかな?

 今回のドラフトで矢野監督の意見はどうだったんだろう? 来年に向けての即戦力は要らなかったのかな? ドラフトは運だし難しいけど、各チームの構想はなんか知りたいな〜。

 話は変わるが、右の大砲バレンティン調査!? とかあったけど、甲子園でレフト守らせるんならホームラン75本は打ってもらわないと割が合わないかも…(笑)多分タイガースは取らないと思いますが…。

 どちらにせよ、秋のキャンプ。阪神タイガース、相当厳しい練習をしてるみたいです。今の戦略とドラフト、FA、トレード…の新戦力で、来年の阪神タイガースをしっかり応援していきます。来年は藤浪投手。どうか昔の輝きを取り戻して!! お願い!! それが一番の戦力アップだから… 

 ■遠藤章造(えんどう・しょうぞう) 1971年7月13日、大阪府豊中市生まれ。香川・寒川高に野球留学し、主将で“くせ者”として活躍するも甲子園出場はならず。田中直樹とココリコを結成し、吉本バッタモンクラブのオーディションに合格して92年5月デビュー。