発足当初の目的を、ここまで拡大してしまったコミュニティは珍しい。そもそも【THU(Trojan Horse was a Unicorn:トロイの木馬は一角獣だった)】は、ポルトガルのとあるCG専門学校が卒業生の就職先を獲得するため、企業の採用担当者を招待したパーティが起源。

「日本のクリエイターに効くポルトガル発の特効薬? 噂のコミュニティ【THU】がもたらす『三大効能』」の写真・リンク付きの記事はこちら

それがいまでは、組織・世代・国境を越え、クリエイター同士がつながりあう交流の場へと大きく発展した。多くがヴォランティアベースで運営され、参加者をトライブ(=種族)と呼び、数日にわたって開放的な空気をつくり出す「無目的な(!)出来事」である。

シンプルにいえば「クリエイター同士でのんびり飲んだり食べたりしながら、自由に話そう、そして手を繋ごう」という祭典。去る2018年の夏、「日本にもTHUを!」と声をあげたのはポリゴン・ピクチュアズ代表の塩田周三だった。

「ここはね、誰が何をどう語ってもいいところ。クリエイターって、こういうセーフゾーンを欲していると思う」

塩田の熱意に多くの人々が賛同し、イヴェント会場や飲み物、セミナー登壇者の渡航費等を工面している。プロとアマチュア、クライアントと下請け、企業と学生、先輩と後輩……そういう垣根をすべて壊そう、ヒエラルキーは無視しようというポリシー。あらゆる損得感情を抜きに、ただお互いを知り、ただ人生を分かち合う。

THUの自由闊達な風土には、日本人に効きそうな「三つの効能」が備わっている。ひとつ目は、お互い知り合えないはずのクリエイター同士が繋がる喜び。垣根を越える、いわば浸透力だ。

業界の壁を超える「浸透力」

Luminous Productionsに所属する本庄崇は、今回で二度目の参加。THUの効能を問うたところ、「偶然の出会いに尽きる」と答えた。目の前にいた男性とグラスを支わしながら……

「彼とは昨年、このイヴェントで知り合ったんです。ぼくはゲーム畑で、彼は映像や都市計画を手掛けている。すごく仲良くなって、プライヴェートで呑んだりもするようになりました」

日本のクリエイターたちはいろいろなプロダクション、あるいはメディアに所属し、上質な作品を提供し続けている。その一方、会社の垣根を越えた交流の場はほとんど与えられないという。

「同じ業界、同じ職種同士では聞くことのできない話ができる。そういう経験はとてもプラスになります」

本庄はゲーム会社でコンセプトアートを生業としているが、芸術家肌の気難しさは微塵も感じさせない。彼の気さくな雰囲気は、後輩たちにとって有り難いだろう。

名のあるゲームで存在感を示す本庄ほどの中堅クリエイターにとって、外の空気や刺激は仕事の源泉に違いない。だが、まだ修行中のクリエイターにとって、このTHUはどんな薬になるのだろう。

本庄は「そういう話なら……」と、若いトライブをひとり推薦してくれた。才能あふれる青年、それが見里朝希だ。

シャイではいけないと気づかせる「興奮剤」

見里は昨年、このイヴェントに強い刺激を受け、勢いあまって海外の本家THUにまで参加した。場所は地中海のマルタ島。日本からは乗り継ぎ便で15〜20時間かかるリゾート地だ。

「イヴェントのチケットは(映像のコンテスト『DigiCon6 ASIA』の受賞者として)無料にしてもらったんですが、ホテル代と飛行機代は自腹でした(笑)」

身銭を切ってマルタ島まで往復する。そこまでして参加する意義を見里は感じていた。

「けっこう、みんな積極的に作品を見せ合うんですよ。プロモーションする力が凄い。だから、お互いの作品をつくる“熱意”っていうのが伝わる」

逆に日本では、互いの熱量をあまり感じられないと見里はいう。元来シャイな国民性の上に、クリエイターという人種は輪をかけて内向的で傷つきやすい。だから作品を見せ合う行為をためらいがち。見ず知らずの他人に見せる「コンテスト」なんて論外というわけだろう。どうせ落ちるならやめておこう、傷つくぐらいなら、何も起きないほうがいい……。

「作品ができあがっても、見せないっていう学生がまわりにたくさんいました。ぼくは積極的に見せるべきだと思います。特にコンテストとかって、審査する方々がプロとか、その筋の企業の社長だったりする。賞をとれなくてもいい。作品(動画)を最初から最後まで、ちゃんと観てもらえることが大事です」

昨今、作品を公開することはとても簡単な時代になった。YouTube、Twitter……そういう時代だからこそ、正式にコンテストへ出品し、他者から厳格な評価をもらう機会は貴重だと見里は指摘する。

見里は国際的な受賞歴をもち、将来を嘱望されるフリーの映像作家だが、攻めの姿勢を忘れない。行動力の源は、変化を受け入れ、何かを学びとろうというメンタリティにある。

自信がなくても、飛び込むことは有益だ。誰かにコメントをもらい、何かしらアドヴァイスを受けられたら、次にどうすべきかという指針が得られる。そんな経験を重ねるうちに、見里は自腹で地中海まで飛び、「まだ自分の作品を観たことがない人へ会いに行く」という大胆さを身につけた。

とはいえ、彼もごく普通の日本人の若者だ。マルタ島の本家THUにどれほどの意義があるのか、確証があったわけではないという。特に、集まるクリエイターのジャンルにとりたてて制限がないことは不確定要素だった。

「正直、わけわかんないなーと思いながら行ったんですよ。自分はストップモーションアニメだし、周りはみんなCGアニメだったり、コンセプトアーティスト。全然ジャンルが違う。不安だったけど、参加してしまえば、そういうのはどうでもよくなります。作品づくりへの熱意がどれだけあるか、そこだけで仲良くなれちゃう。みんなクリエイターだっていう、ひとくくりになっちゃうんです」

浸透効果、興奮剤。それに加えてもうひとつ、THUでしか感じ得ない効能があるとすれば、「海外の香りを感じられる」ことだろう。海を越えて著名なクリエイターが来日し、中身の濃い講演を聞かせてくれるのはTHUの大きな魅力だ。

加えて、トライブの顔ぶれにもアロマ効果が期待できる。

海の向こうの香りを感じる「アロマ効果」

見里は印象に残ったトライブとして、日本で働くことを選択したカナダ生まれの女性を紹介してくれた。サワナオミと記された名刺をもつ彼女は、「もともとカナダのモントリオールにいて、フランス語と英語で仕事をしていたんです」と「日本語」で語る。その存在自体が、THUを体現しているといっても過言ではないだろう。

「Naomi って英語圏だと普通の名前なんですよ。苗字はサワじゃなくて、本当はSavoir(サヴォア)。発音がちょっと難しいので、サワ、のほうがいいかなぁって」

まだ26歳。日本のTHUにおけるトライブとしては、若いほうだ。けれど30代、40代に負けないほどの苦労人で、とりわけ日本語の習得には並外れた努力を強いられたという。

「最初は『レストランに行きます』ぐらいしかしゃべれなかった(笑)。来たときはすごくキツかったです……がんばるしかない、と」

英語がしゃべれるから国際人。海外で仕事ができる。しゃべれないから日本人は肩身が狭い──ナオミはそんなわたしたち日本人の常識を吹き飛ばしてくれる。大人になってから日本語を(しかも漢字を)学ぶことの困難さは、英語の比ではないはずだから。

そんな苦労を買ってまで、どうしてモントリオールを出たのだろう。

「欧米のAAA(Art And Animation)スタジオで働くと、フォトリアル(写実的なCG)の仕事が多い。で、フォトリアルだと『写真の素材をベースにつくってくれ』というオーダーも受けることになる。内容も戦争バトルのゲームで、いつも銃を持ってる男性の絵を描いてました(笑)」

逆に日本の職場は、アーティストの独創性や手描きの個性を大事にしてくれるという。

「世界一面白い! ゲームにも長い歴史があって……いまでもゼルダとかFinal Fantasyとか、現実には存在しないけれどキレイで面白い世界観がある。そういう感じが好きかな。モントリオールもクリエイティヴな街だけど、こっちに来てからのほうが、好みに近い絵を描かせてもらっています。うれしい」

ゼロからキャラクターを描く行為が本当に楽しい、と語るサワナオミ。カナダではUBIのモントリオールスタジオに在籍し、いまは東京のスクウェア・エニックスでコンセプトアートづくりに従事している。

彼女は日本語で「日本で仕事できる喜び」を口にする。その響きは、われわれ日本人にある種の効能をもたらす。不思議なアロマが、わたしたちのなかの頑なな何かを、うっすらと書き変えてしまう。

以上、三つの効能をご紹介したが、これらは参加者たるトライブ全員に提供される。とりたてて特別な準備は必要ない。ただここに立って、話しかけたり、話しかけられたり。それだけだ。ほかには何も必要ない。

2020年、THUは東京を飛び出す

ヨーロッパから遠く離れ日本へ飛び火したTHUは、来年、舞台を東京から地方へ移す。石川県加賀市で2020年に開催が決まった『THU JAPAN 2020』は、さらに輪をかけて珍しい試みとなりそうだ。塩田はこう語る。

「本国のTHUとは異なるものになると思います。講演とかワークショップよりは、お互いの強みを持ち寄り、それを披露して語り会う、ブレストみたいな……本当の意味での『合宿』を演出しようかと。加賀市そのものがもっている歴史的文化的な基盤、九谷焼であるとか、農業だとか、あるいは料理人のほうが凄く絵がうまかったり、そういうところをみんなで……語り会って、学んで……」

クリエイティヴで冒険する、みたいな?

「そういうものにしたいなぁ、と思ってて。何かをcatalyst(触媒)として、それをベースに語る。それにプラスして、現地の方々が、自分たちのつくっていること、やっていることにとても価値があるんだっていうことを、気づいてほしい。おそらくクリエイターたちが、現地の物産を高く評価するでしょう。そこでまた、開催地自体が活性化していく、みたいなことが期待値です」

クリエイター同士、すなわち人と人のインタラクションに希望を見出してきたTHUは、2020年という記念すべき年に、土地とのインタラクションという新しいエッセンスを得る。1,300年もの温泉文化の歴史をもつ加賀市……いわば筋金入りの「おもてなしマインド」と世界のクリエイターがどんな化学反応を起こし、どんなアウトプットへ結実するのか? 

それは、もしかしたら「原点回帰」と呼ぶべき行為かもしれない。そもそもクリエイティヴは「遊び」の延長、そして「遊び」はフィールドのなかにある。けれど仕事に追いまくられたら、どうしても自分のルーツを忘れる。パソコンにかじりつく日常に忙殺されてしまう。

というわけで、来年更新されるであろうTHUの成分表、パッケージの裏に書きこまれる第四の効能は--もしかしたら「若返り」かもしれない。