Oakland Athletics Matt Chapman & Colorado Rockies Nolan Arenado

写真拡大

チャップマンは2年連続、アレナドは3年連続

 オークランド・アスレチックスの三塁手マット・チャップマン内野手と、コロラド・ロッキーズの三塁手ノーラン・アレナド内野手が、今季の「ローリングス・プラチナグラブ賞」を受賞した。米公式サイト『MLB.com』が8日(日本時間9日)、伝えている。  2011年に設立された「プラチナグラブ賞」は、各リーグのゴールドグラブ賞受賞者の中からファン投票で選ばれ、“名手の中の名手”としてその栄誉が与えられる。そして今回この栄誉を授かったのは、両リーグを代表する三塁手だった。  アメリカン・リーグからはアスレチックスのチャップマン。メジャー3年目の26歳ながら昨季に続き2年連続の受賞となった。打撃でも中軸を担うチャップマンは守備でもチームを引っ張る存在だ。  一方、ナショナル・リーグはロッキーズのアレナド。メジャー7年目の28歳でこちらは2017年から3年連続の受賞だ。三塁手、打線の要という点でもチャップマンと共通しているが、2人は高校の先輩後輩という関係でもある。  カリフォルニア州レイクフォレストのエルトロ高校のチームメイトで、2学年違いでしのぎを削った仲。メジャーリーグの未来を背負って立つ2選手の守備での大きな貢献に、これからも目が離せない。

【動画】メジャー至高の守備!ロッキーズ・アレナドの驚異の好プレー集

コロラド・ロッキーズの公式ツイッターより

Will 28 make it 7-for-7?

Find out tomorrow, 5pm MT on ESPN2 👀 pic.twitter.com/T3t6hIPGRz

- Colorado Rockies (@Rockies) November 2, 2019