健闘をたたえ合った井上とドネア(右)のWBSS決勝。再戦はあるのか

写真拡大

「もう1回やりたい」。5階級制覇王者が胸中を激白だ。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級トーナメントは“モンスター”井上尚弥(26=大橋)の優勝で幕を閉じたが、決勝で激闘を演じたノニト・ドネア(36=フィリピン)も強烈な存在感を放った。戦前の不利予想を覆し、貫禄のファイトでレジェンド健在を証明。一夜明けた8日に取材に応じた“フィリピンの閃光”は、井上との再戦に強い意欲を示した。

 激闘のダメージにより試合後はコメントを発表しただけで、病院に直行して検査を受けた。一夜明け、サングラスをかけたドネアが試合を振り返った。

 戦前の圧倒的不利の予想を見事に裏切り、2ラウンド(R)にはパンチで井上の右目上をカットし、9Rには右でグラつかせた。11Rは左ボディーを被弾してダウン。だが「あの時は2つのプランがあった。1つ目は我慢して、そのまま戦い続けること。だがかなり効いていたから、同じ場所にパンチをもらったらジ・エンドとなってしまう。それよりも2つ目のプランで、ヒザをついて(レフェリーがカウントしている間に)体力を回復させる。その後は左フックで一発を狙って反撃しようと考えた」(ドネア)。

 ダウンはなんと作戦だったと言い、実際に立ち上がった直後には左フックをヒットさせ「イノウエの動きが一瞬止まった」(ドネア)ので、狙い通りだったようだ。

 ただ、ここから挽回できず0―3で判定負け。ボクシングファンなら誰もが気になる井上との再戦については「もちろん、もう1回やりたい」と即答。強い意欲を示した。雪辱の意向はもちろんのこと、内容にも決して満足していないからだ。

「作戦面で自分もミスがあったし、向こう(井上)もミスがあった。ここをお互いに修正して、もう一段階レベルアップした自分と井上で戦ってみたい」

 自身の「ミス」とは右でグラつかせた9Rのこと。ドネアは「あの時、セコンドは『倒しにいけ』と指示を出したけど、自分はグラつかせたのと同じカウンターをもう1回、狙っていた。セコンドの言うことを聞いていたら(KOで)試合を終わらせられたと思う。そこが最大のミスだった」。

 とはいえ、16日には37歳になる。再戦となれば若い井上のほうがさらに有利になるはず。それでも「今回も減量はまったく問題なかったし、これまでで最高の調子をつくることができた。自分の適正ウエートはバンタム級だと思う。私はまだまだ強くなれる」。プロのキャリアをスタートさせたフライ級からフェザー級まで5階級でベルトを巻いてきたが、バンタム級での現役続行と、自身のさらなる進化を信じて疑わなかった。

 試合前は各国のブックメーカーに井上が1・1倍前後、自身は5〜6倍という屈辱的とも言える差のオッズをつけられ「世間では『早いラウンドで負ける』と言われていたけど、私は勝てると思ってリングに上がって、実際にあそこまでできた。負けると思ってリングに上がったことはない」としたうえで、井上との再戦が実現した場合も「負ける、と思ってリングに上がることはない」と繰り返した。

 井上はドネアとの再戦の可能性を問われると「ないんじゃないですか」と答えた。一方でファンにはリマッチを望む声があるのも事実。「井上―ドネア2」はあるのか。新たな注目を集めそうだ。