「オオサンショウウオツリー」

写真拡大

 オオサンショウウオのぬいぐるみで制作した「オオサンショウウオツリー」が、11月9日(土)から、京都水族館で展示される。

【写真】美しい…京都水族館が来年リニューアル

■約100体を使用してツリーに



 2013年から始まったクリスマスの展示「オオサンショウウオツリー」は、ミュージアムショップで販売しているS〜LLサイズのオオサンショウウオのぬいぐるみ約100体を使用し、クリスマスツリーの形に組み上げたもの。

 今年は、オオサンショウウオが生息する清流の情景を、岩肌やコケのほか、水の流れを青や白のリボン・オーナメントで表現したという。

 さらに、本物の質感にこだわり、ぬいぐるみを特殊な塗料でコーティングし、オオサンショウウオの皮膚のテカリや濡れ感まで再現した。

 ちなみに、同日からクリスマス限定のマフラーを巻いた全長約130センチの「マフラー付きオオサンショウウオぬいぐるみ」が、150個販売されるという。

【「オオサンショウウオツリー」概要】


日程:11月9日(土)〜12月25日(水)
時間:11時00分〜18時00分 ※季節により変動あり
場所:京都水族館 1階ミュージアムショップ