『映画 ギヴン』ティザービジュアル

写真拡大

 フジテレビ“ノイタミナ”枠発のBLアニメレーベル「BLUE LYNX」による第2弾映画『映画 ギヴン』が2020年春に公開されることが決定し、ティザービジュアルが解禁された。

【写真】『映画 ギヴン』で梶秋彦を演じる「江口拓也」

 ノイタミナ枠で初めてBLコミックをアニメ化したキヅナツキ原作による『ギヴン』(新書館「シェリプラス」にて連載中)。7月に放送が開始されると、SNSを中心に「青春×バンド×BLの組み合わせが最高!」や、「音楽と映像がエモすぎる!」「登場人物たちの日常にキュンキュンする!」と、女性層をメインに瞬く間に口コミが広がり、各話放送後にツイッタートレンドワード入りを何度も果たすなど話題となった。

 最終話となる9月19日放送終了後には、『映画 ギヴン』が「BLUE LYNX」により公開されることが発表され、テレビシリーズでは高校生の真冬と立夏2人の切なくて淡い恋がメインだった一方、映画では大人メンバーである、春樹、秋彦、雨月の苦くて熱い恋をメインに描くことが決定した。

 高校生の上ノ山立夏は、佐藤真冬の歌声に衝撃を受け、中山春樹、梶秋彦と組んでいるバンドにボーカルとして真冬を加入させる。真冬加入後初のライブを成功させ、バンド「ギヴン」の活動が始動する中、上ノ山は真冬への思いを自覚し、ふたりは付き合い始める。一方、春樹は長年密かに秋彦に思いを寄せていたが、秋彦は同居人のヴァイオリニスト・雨月との関係を続けていて…。スクリーンで、春樹と秋彦、雨月の恋が軋んで動き出す!

 解禁されたティザービジュアルは、春樹の自宅での日常の1コマを描いたもの。映画化発表と同時に解禁となったビジュアルは色のない絵柄だったが、今回のティザービジュアルは、春樹と秋彦の関係性を示唆するかのように、彼らの景色も色づいた絵柄となっている。

 なお、11月9日、10日に開催されるAGF(アニメイトガールズフェスティバル)にて、キヅナツキ描き下ろしのミニ色紙付き先行前売券が発売されることも発表された。

 『映画 ギヴン』は2020年春公開。