NHKの契約者名簿の情報を基に高齢者がキャッシュカードを盗まれたとされる事件で、窃盗容疑で愛知県警に逮捕され、NHKから受信料の集金業務を受託していた会社の社長藤井亮佑容疑者(29)=名古屋市昭和区=ら2人が、名簿の情報を使って別の高齢者からもキャッシュカードを盗んだ疑いがあることが9日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、藤井容疑者は「名簿から(特殊詐欺の)対象の家を選んだ」と供述しており、県警は、2人が契約者情報を繰り返し悪用していたとみて、実態解明を進める。

 もう1人は同県長久手市の無職大浦悟被告(21)=窃盗罪で起訴。