香港で、死亡した周梓楽さんが転落した現場を訪れるために列を作る人々(2019年11月8日撮影)。(c)Anthony WALLACE / AFP

写真拡大

【AFP=時事】香港で起きた警官とデモ隊との衝突現場で学生が転落死したことを受け、同市で8日夜、追悼集会が行われ、数千人が参加した。学生の死を受け、民主化運動側からは怒りの声が上がり、市内では新たな騒乱が起きた。

 周梓楽(アレックス・チョウ、Alex Chow)さん(22)は先週末に起きた衝突の際に駐車場ビルから転落し、搬送先の病院で8日朝に死亡した。香港で5か月間にわたって続く抗議デモで、学生の死者が出たのはこれが初めて。周さんが転落に至った状況の詳細は明らかになっておらず、論争の的となっている。

 周さんが転落した現場では、数千人が数時間にわたり長蛇の列をなし、花束を手向けたり、ろうそくをともしたり、追悼のメッセージを記したりした。市内ではさらに、複数の地区で活動家らが道路を封鎖し、地下鉄入り口を損壊、警察と対峙(たいじ)した。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
香港デモで大学生が死亡、衝突現場の駐車場ビルから転落
香港だけじゃない 10月に入って世界中でデモ急増
【写真特集】過去数十年で最大の抗議活動、デモ隊と警官隊の衝突で揺れる香港