舞台『仁義なき戦い』で主役の広能昌三を演じる横山由依に、過去に『仁義なき戦い』研究本を出版した杉作J太郎が魂を叩き込む!

写真拡大 (全6枚)


舞台『仁義なき戦い』で主役の広能昌三を演じる横山由依に、過去に『仁義なき戦い』研究本を出版した杉作J太郎が魂を叩き込む!

AKB48グループメンバーが、日本映画の金字塔『仁義なき戦い』の舞台化に挑戦。そこで東映ヤクザ映画を愛しすぎる杉作J太郎を緊急招聘! 主役の広能昌三(ひろのう・しょうぞう)を演じる横山由依に魂を叩き込む!

■主人公の広能を演じる極意は?

杉作 最初に横山さんに参考書(『仁義なき戦い 浪漫アルバム』)を差し上げますね。これは僕が21年前に出した本なんですけど、ぜひ読んで役に生かしてもらおうと。

横山 うれしい! ありがとうございます。

――まずは『仁義なき戦い』について知らない読者もいると思うので、簡単に説明してもらえますか?

杉作 1973年に公開された東映の映画で、第2次世界大戦で原爆が落とされて焦土と化した広島で、利権をめぐってさまざまな戦いが始まるという話です。日本映画の金字塔であり、20世紀の日本映画を語るときには外せない作品でしょうね。

――杉作さんは『仁義なき戦い』の映画をどれくらい見ているんですか?

杉作 回数はわからないですが、もう高校生の頃には風呂場でセリフをしゃべってましたね。特にナレーションが好きで、「昭和38年秋......」(モノマネ)とか、スラスラ出てきちゃうんですよ。

横山 杉作さん世代の人にとっては当たり前なんですか?

杉作 昔、なんばグランド花月で中川家の礼二とケンドーコバヤシ、なだぎ武と4人で『仁義なき戦い』のイベントをやったんですけど、セリフはみんな覚えてましたよ。


自著『仁義なき戦い 浪漫アルバム』を見せる杉作氏。「このポスターはですね」と、語りだしたら止まらない

――それは集まったメンバーが濃いからです! 横山さんは見たことありました?

横山 なかったです。怖そうな感じだったので......。でも今回見たら、笑えるところがあったり、面白いんだなと。

杉作 出てた人にお会いしたことはあります? 松方弘樹さんとか。

横山 グループでの活動のときにお見かけしたことがあるかもしれません。

杉作 田中邦衛(くにえ)さんは?

横山 『北の国から』のドラマで見てました。

杉作 だったらびっくりしたでしょ。「ホタルー」(モノマネ)って、言ってた人ですから。あれはいい人だったけど、『仁義なき戦い』ではいやな人ですもんね。これはいやな人がいっぱい出てきます。

横山 (主人公の広能昌三が属する)山守組の(山守清)組長はとんでもないやつですよね。自分勝手だし、表情も見ていて腹が立ってきます。

杉作 横山さんはAKB48グループの総監督だったじゃないですか。言うならAKB組の親分みたいな。山守みたいな要素はなかったですか? ウソをついたり。

横山 ないですよ。

杉作 「ここ払っといてくれ」って、子分に飲み食いの支払いをさせたり。

横山 私が払います。「あいつ山守みたいだな」とか、絶対に思われたくないですよ(笑)。

杉作 でも、横山さんがやる主役の広能はいやなやつじゃないんですよね。任侠(にんきょう)の社会を普通の社会だと思って、頑張ってやっていこうと入ったら、みんな自分のことしか考えていなかったという。広能についてどう思いました?

横山 真っすぐな人ですね。演出の先生は、広能は失うものがないから真っすぐだと言ってました。

杉作 そのとおりですね。ほかの登場人物は家庭があるから死にたくないとか、刑務所に行きたくないとか。言い訳ばかりですよ。でも、この舞台の配役は誰が決めたんですかね。僕は、広能の役が横山さんにすごく合ってると思ったんですよ。簡単に言うと、横山さんは広能をやっていた(菅原)文太さんに似てる。

横山 めっちゃカッコいいじゃないですか!

杉作 しゃべりのトーンが淡々としてるんです。文太さんとリズムが似てますね。だから広能の役はやりすいんじゃないですか?

横山 うれしいです! 昔からしゃべりが淡々としてるって注意されてきたけど、初めてホメられました!

杉作 『仁義なき戦い』は、文太さんの魅力が大きいんですよ。文太さんは視野の広い人でね。最終的には俳優を辞めて農業をやったんです。そんな文太さんのやる広能は視野が広いですよ。どーんと構えてる。おろおろしない。そこが肝だと思いますよ。

――広能を演じるための極意ですね!

杉作 やっぱり映画に出ていた役者の雰囲気も引き継いでいくことが大事だと思いますね。

横山 若杉(寛。広能の兄貴分)の役をやる向井地美音ちゃんっているんですけど、かなり映画を見たんだろうなってぐらい若杉ですね。

杉作 おおー! 僕はこの映画を中学生の頃に見て、それからずっと好きなんですけど、まさか横山さんみたいな日本を代表するアイドルから、自然に「若杉」って名前が出る時代が来るとは思ってなかったですよ! 当時は映画館に行っても女性はほぼいませんでしたから、今回信じられないことが起きてますね!

――登場人物の名前を言っただけで、そこまでですか!

横山 ほかのメンバーも『仁義なき戦い』について話してますよ。私は新開(宇市。山守組幹部)が好きで。

杉作 僕も新開ですよ!! いい趣味してますねぇ。

横山 かわいいですよね。木刀を持って出かけようとして「そんなの持ってたらバレちゃうぞ」って言われて、ズボンに隠すんですけど、脚が曲がらなくて転んじゃったり。それを小栗有以(ゆい)ちゃんってかわいいコがやるんです。新開のとぼけた感じと合ってると思います。

杉作 新開はクセの強い人物だから面白いでしょ。ちなみに新開の役の人(三上真一郎)は、僕の実家のある松山でメガネ屋の広告をやってましてね。メガネをかけて笑顔で鳥にエサをあげてましたよ。

■仁義なき戦いはどこにでもある

杉作 これ、ラストシーンは映画と一緒ですか?

横山 そうですね。

杉作 じゃあ難しいでしょう? 映画は手持ちカメラを使って、キャメラマンが広能をアップで撮って話を終わらせるんですよ。でも舞台は横山さんの芝居だけでやらないといけない。文太さんだったら、「俺には無理だ!」と言ったでしょうね。

横山 ハードル上げますね。

杉作 広能の「山守さん、弾はまだ残っとるがよう」(モノマネ)は名シーンですからね。トチったら大変ですよ(笑)。


序盤の名シーン。主人公の広能昌三が土居組の組長、土居清を暗殺するシーンをふたりで完全再現です

横山 プレッシャーかけないでくださいよ(笑)。

杉作 もとの映画から何十年もたちますけど、これは現代でもあてはまる物語ですよ。人が集まったら必ずこういうことが起きる。最初はみんないいヤツだったのに、どんどん変わっていっちゃう。AKB48はここまで悪辣(あくらつ)なことはないでしょうけど、若干は仁義なき戦いはあったかもしれませんよ。

――総選挙だったり、センターをめぐっての争いとかありますもんね。

杉作 でも、この時代にAKB48が舞台化するということに驚きました。任侠モノはダメとかいう空気もあるじゃないですか。そんななかでやっていただけるのは素晴らしい! 僕ら東映ファンはみんな感謝してますよ!

あと『仁義なき戦い』を女性がやるっていうのが現代だなって思いますね。今は女性のほうが強いじゃないですか。これは歴史に残る出来事だと思いますよ! 監督の深作欣二さんが生きていたら、この舞台の演出もやりたかったでしょうねぇ。

――大絶賛ですね。横山さんはどうですか? 杉作さんからたくさんの話を聞いて。

横山 広能をやることがさらに楽しみになりました。杉作さんみたいに元の映画が好きな方にもぜひ楽しんでもらいたいですね。

杉作 そのために、ぜひ先ほどの本を読んでください! あとお願いなんですが、一緒に写真を撮っていいですか?

――ツーショットを求めるなんて珍しいですね。

杉作 今、松山のテレビで情報番組をやってまして、「今週の1枚」って、僕のコーナーがあるんですよ。でも、ネタがなくて毎回ラーメンの写真なんですね。この前ついに同じラーメンの写真を5枚出したら、ディレクターが困っちゃって......。

――杉作さんにまったく仁義がないじゃないですかっ!

杉作 でも、横山さんが出てくれたらチャラになると思うので、ぜひお願いします!

●横山由依(よこやま・ゆい)
1992年12月8日生まれの26歳、京都府出身。AKB48チームA所属。『横山由依(AKB48)がはんなり巡る 京都いろどり日記』(関西テレビ)などに出演中

●杉作J太郎(すぎさく・じぇいたろう)
1961年生まれ、愛媛県出身。漫画家、タレント、映画監督などマルチな才能を発揮。『痛快!杉作J太郎のどっきりナイト7』(南海放送ラジオ)、『もぎたてテレビ』(南海放送)に出演中

取材・文/関根弘康 撮影/武田敏将