ロシア極東ウラジオストク郊外のプリモルスキー・サファリーパークで、ヤギのチムールのそばで休むシベリアトラのアムール。同パーク提供(2015年11月30日撮影)(c)AFP/PRIMORYE SAFARI-PARK/DMITRY MEZENTSEV

写真拡大

【AFP=時事】ロシアで、トラとの間で奇妙な友情を育み有名となった雄ヤギのチムール(Timur)が死んだ。飼育していたサファリパークの園長が8日、明らかにした。

 ロシア極東の港湾都市ウラジオストク(Vladivostok)郊外のプリモルスキー(Primorsky)サファリパークのドミトリー・メゼンツェフ(Dmitry Mezentsev)園長はAFPに対し、「11月5日にチムールの心臓が止まった」と語った。チムールは5歳前後だったとみられる。

 メゼンツェフ氏によると、チムールはトラのアムール(Amur)とけんかになった後、健康が悪化していた。ただ同氏は、チムールは自然死したと説明している。

 チムールは2015年、アムールの生き餌として同パークに連れてこられ、同じ飼育場に入れられた。だがアムールは、自分を怖がる様子をまったく見せないチムールを襲うことはなく、2頭はすぐに親友となった。

 同じ飼育場で眠り、食事をし、じゃれ合う2頭の物語はロシア人の心をつかんだ。アムールはチムールに獲物の捕らえ方を教えようとし、2頭はふざけて頭で互いを突いたり、追いかけっこをしたりした。

 トラやヒョウの研究者であるメゼンツェフ園長は当時、2頭の奇妙な友情はまさに奇跡だとし、人間も互いにもっと親切になるようにとの「天からのお告げ」だと語っていた。

 だがチムールは成長するにつれ大胆になり、アムールに挑むようになったことから、友情にほころびが生じた。

 メゼンツェフ氏によると「チムールは約1か月にわたってトラに嫌がらせをしていた」という。2016年1月、チムールに踏みつけられたアムールは我慢の限界に達し、チムールをつかんで高台から投げ飛ばした。

 2頭は引き離されたものの、チムールの健康はその後悪化。チムールは治療のため首都モスクワに移送されたが、完全に回復することはなかった。アムールは現在も元気で、サファリパーク内で飼育されている。

 サファリパークは、チムールの墓に銅像を建てることを計画している。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
餌のヤギと友情育むトラ、ロシアで感動呼ぶ
【特集】トラにお乳をやる犬、鶏をハグするサル…種を超え触れ合う動物たち
毛が伸びすぎた巨大羊、ギネス記録を更新 豪州