現在、毎週木曜日夜10時〜放送されているドラマ、フジテレビ系『モトカレマニア』。モトカレのことを忘れることができないOLが、モトカレと再会したことで一波乱起こるざわざわラブコメディ。

モトカレのことをどうしても引きずってしまう主人公・ユリカ(新木優子)に共感する声が相次いでいます。

7日に放送された第4話では、モトカレからのある行為がネット上で話題になりました。今回は、『モトカレマニア』の4話に焦点を当ててみましょう。

ドラマ『モトカレマニア』とは

新木優子(スターダストプロモーション所属)演じる主人公・ユリカは、5年前に別れた高良健吾(テンカラット所属)演じる彼氏・マコチのことを忘れることができない「モトカレマニア」。

5年経った今でも、2人でデートした思い出の場所を散策したり、SNSで名前を検索して探したりと常にマコチの影を追っていました。

そんなある日、新しく就職した「チロリアン不動産屋」で、マコチとのまさかの再会!まっすぐで天然なマコチに、ユリカの心はかき乱されてしまいます。

再会したというもの、マコチに不動産を営業されたり、食事に誘われたりとマコチに振り回されるユリカ。

諦めて意識しないように努めるも、一緒に仕事をしていくうちに2人の距離は少しずつ近づいていくのです。

モトカレからキスされる!?

誕生日の夜、マコチからキスをされたユリカ。その瞬間、ユリカは自分はマコチのことが好きだと確信します。

その様子を偶然目撃してしまったユリカの親友・ひろ美(よしこ)。

「二人は付き合うのか」というひろ美の問いに「キスはしたけどつき合うとは言っていない」と言い、マコチはその場を立ち去ってしまいます。

この発言にひろ美は「誠実じゃない」と激怒。ユリカは号泣です。マコチはなぜ、付き合う気がないのにユリカにキスをしたのか。

ドラマの中で、マコチはなんと「かわいかったから」と答えます。

「最低すぎる!」視聴者の反応

「付き合うわけじゃないのにキスするなんて 」。このシーンにネット上では「マコチひ……ひどい!」と非難の声が相次いでいます。

しかし、中には「キスではないけどモトカレに抱きしめられたことがある」という声も。

ドラマで見るマコチは、女性から見ると「ひどい!」と感じる人が多いかもしれません。意外とそういうことをしてしまう男の人って、結構いるのかもしれません。

中にはこう解釈する人も。「男は好きじゃなくてもかわいいなって思ったらキスする生き物なんだよね。」

たしかに筆者も周りの友人から、「付き合っていないのになんとなくキスされた……」そんな話をよく聞きます。

女性にとってキスは付き合っている、好きな人とするもの。しかし、男性と女性ではキスの重さや解釈が大きく異なるようです。

ユリカがとった行動は?

そんなマコチの行動に対し、ユリカはどのような行動をとったのでしょうか?

マコチはユリカの家に謝りに行きます。でも、答えは変わらず「付き合えない」。

モトカレが家に来たら、付き合えないと分かっていても家にあげてしまいそうになる人もいるのでは。

しかし、ユリカは違いました!なんと!マコチを追い返したのです!

きっとユリカにとってこの決断には相当な勇気が必要だったはず。しかし、ユリカは自分の弱さに打ち勝ったのでした。

おわりに

モトカレからキスされる、関係を求められる。ドラマだけではなく、現実の世界でもよくあることです。

そんなときは流されず、自分を持ってユリカのような対応をするのがベターなのではないかと思います。

マコチを追い返したユリカが今後どのように変わっていくのか。ドラマを見逃すことができませんね!

(栞/ライター)

(愛カツ編集部)