画像提供:マイナビニュース

写真拡大

United States Computer Emergency Readiness Team (US-CERT)は11月6日(米国時間)、「U.S. Cyber Command Shares Seven New Malware Samples|CISA」において、米国サイバー軍がVirusTotalに7つのマルウェアサンプルを新たにアップロードしたと伝えた。アップロードされたマルウェアのサンプルは次のページから確認できる。

VirusTotal Community profile for CYBERCOM_Malware_Alert - VirusTotal

VirusTotalはウイルス、ワーム、トロイの木馬といったマルウェアファイルやURLを分析する無料のサービスで、2004年に開始された。ユーザー登録数は50万人を超えている。ソフトウェアセキュリティの関係者、研究者、エンドユーザーなどに対し、コミュニケーションする場を提供するとともに、インターネットをより安全な場所にすることを目的として取り組みが行われている。

Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA)はユーザーおよび管理者に対し、VirusTotalにアクセスしてマルウェアのサンプルをチェックすることを推奨している。また、Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA)が公開している「Security Tip (ST18-004) - Protecting Against Malicious Code」の内容をチェックすることも推奨されている。