緊迫の投手戦を制す・鹿児島実

 鹿児島実の右腕・大村真光、国分中央の左腕・河野晴斗、両エースが好投し、1点を争う緊迫した投手戦を繰り広げた。

 3回裏、鹿児島実は二死から2番・井戸田直也主将がセンターオーバー二塁打で出塁。連続暴投でラッキーな先制点を挙げる。

 6回表、国分中央は4番・河野が自らのタイムリーで同点に追いついた。 8回表、国分中央は一死一三塁と絶好の勝ち越しのチャンスを作ったが拙攻で生かせず。

 その裏、鹿児島実は一死二塁から4番・平石匠がライト前タイムリーを放ち、勝ち越しに成功すると、9回表のピンチも大村が踏ん張り、接戦をものにした。

(文=政 純一郎)