NHK名古屋放送局(名古屋市)は8日、放送受信契約の情報を悪用した窃盗事件が発生した疑いがあると発表した。

 業務委託した会社の社長が愛知県警に逮捕され、NHKは「捜査に協力している。視聴者に迷惑と心配を掛け、大変申し訳ない」などとするコメントを発表した。

 県警春日井署によると、9月27日、警察官に成りすまして同県春日井市の80代の無職女性からキャッシュカード1枚を盗んだとして、男を窃盗容疑で現行犯逮捕。10月23日、男と共謀した容疑で、NHKの業務委託先会社社長、藤井亮佑容疑者(29)=名古屋市昭和区=を逮捕した。

 名古屋放送局によると、藤井容疑者の会社とは名古屋、春日井両市の受信料契約・収納業務の委託契約を結んでおり、逮捕後に契約を解除した。