結婚が遠のく「占い的NG行動」6つ!服のボタンは全て閉じちゃダメ!?

写真拡大

結婚したい、恋人がほしい。付き合っても結婚までいかない。
みんなはどんどん結婚していくのに、どうして私はダメなの? これ以上何を努力したらいいの? 自分の何が悪いかわからない……。

そんなあなたが「やっちゃってる」かもしれない“行動”を集めてみました。東洋の占い的な観点から、NG行動をひも解いていきます。

■ひとりで晩酌


「お酒を飲む」ことは、東洋占術的な解釈で「縁を固く結ぶ」という関係を生み出す行為なんです。その飲酒を、ひとり飲みで楽しむと、世界がひとりきりで完結してしまいます。

つまり「ひとりの晩酌」は、外部から入ってこようとする人を締め出してマイワールドを完成させるのです。帰宅後の「プハー!」を楽しみに仕事をしてる人もいるかと思いますが、できるだけ友達や恋人候補と飲むか、休肝日を作ってみてくださいね。

■バッグの口をきっちり閉じる


バッグのファスナーは全て閉めて完全防備! なんてこと、してませんか? もちろん防犯は大切だけど、何事にもちょっとしたゆとりがあるほうが恋愛は飛び込んできやすくなるんです。その中でも特に“新しい出会い”のポイントになるのはバッグ!

できたら口がパコっと開くトートバッグやバケットタイプを選ぶと新しい出会いが舞い込んできやすくなりますよ。貴重品は内側のファスナーポケットに収納してね。

■すぐに「大丈夫」と言う


周りが心配して声をかけても、すぐに「大丈夫!」と言ってしまう人は、せっかくのご縁を跳ねのける”言霊パワー”を無意識のうちに発揮してます。この「大丈夫」という言葉には、他人を寄せつけない強い言霊パワーが秘められてるんです。

ぜひ一度「助かるよ!ありがとう!」と気遣いを受け入れてみて。そうすれば、あなたの心に小さなスキマができて、そこにスッと新しい恋が入り込んできますよ。

■ブラウスのボタンを全部閉じてる


前にボタンがずらりと並んだ、きちんとしたブラウスやシャツを普段から好んで着てるなら、一番上のボタンをはずしてみて。仕事ではちゃんとしてるほうがいいけど、プライベートではほんの少し、首元にゆとりを持たせましょう。

「胸を借りる」「胸襟を開く」などといった言葉もあるほど、東洋的な解釈では昔から、胸は人を受け入れる気持ちがあらわれる部分。そこをビッチリ閉めると、人を拒絶する「気」が生まれてしまいます。

「恋人ができたけど結婚までいかない」と感じてるなら、ぜひ開いてみてくださいね。

■人の右側を歩く


異性と歩くとき、左右どちら側を選んでますか? 右側に立ってしまうなら要注意。右側に立つと「自分が相手を守る」という気の流れが生まれます。

男女平等! むしろ私が養ってあげる! くらいの気持ちなら問題ないけど、男性にそれなりの収入を求めたり、専業主婦を希望したりするなら、相手の左側に立つよう意識してみて。納得のいく条件の男性とのご縁を結べますよ。

■スポンジの水気を切らずに片付ける


水は流れることで常に新鮮さを保ち、万物を生み出してきました。なので風水的には、水のあるところは常にキレイにしておくことが重要。いい出会いを呼び込んだり、悪縁を断ち切り良縁を呼び寄せたりするために不可欠なんです。

キッチンの食器洗い用のスポンジは、ちゃんとすすいでギュッと水を切って片付けましょう。トイレは頻繁に流して常にきれいな水があるからOK。同じ理由で、湯船の水はできれば2日使ったら入れ替えましょう。

■行動を少し変え、幸せを引き寄せて


無意識でやってしまってることはありませんでしたか?

ほんのちょっと行動を変えるだけで、運気の流れがガラリと変わることがよくあります。今日からできることばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。