第1次世界大戦中にバルト海で沈んだ船から回収したコニャックを手にポーズを取るペーテル・リンドベリ氏(左)。バルト海を航行する船上で。オーシャンX提供(2019年10月16日撮影、11月7日公開)。(c)AFP PHOTO / OCEAN X TEAM

写真拡大

【AFP=時事】沈没船から酒を回収することを専門とするスウェーデンのグループ「オーシャンX(Ocean X)」が、第1次世界大戦(World War I)時にバルト海(Baltic Sea)で沈没した貨物船「カイロス(Kyros)号」から瓶入りの酒900本を回収したと発表した。

 カイロス号は1917年5月にスウェーデンを出港。帝政ロシアに向かったが、ドイツの潜水艦に撃沈された。

 酒は10月22日、スウェーデンとフィンランドの間にあるオーランド海(Sea of Aland)の水深約70メートルの海底から引き揚げられた。900本のうち600本がコニャック、300本は薬草系リキュールのベネディクティンだった。

 ペーテル・リンドベリ(Peter Lindberg)氏率いるチームによると、中身の酒とコルクの間に空気の層が残っていたことから、液漏れはないとみられる。多くのコニャック瓶の口は、薄いブリキ製のキャップで密封されていた。

 リンドベリ氏は、引き揚げた酒をこれまでと同様、国際的な競売にかける方針だ。高値での落札を期待しており、「自分用に1本残すことができるかどうかは分からない」とコメントした。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
第1次大戦中に謎の失踪、豪潜水艦第1号 100年経てついに発見
ファラオも飲んでた? 古代ビールを当時の酵母で再現 「味は最高」 研究
95年購入のマックバーガー?! 豪男性2人が主張、「友」と呼ぶ