1歳のわが子にエアガンを数十発も浴びせ、大ケガをさせた両親が6日(2019年11月)、傷害の疑いで逮捕された。赤ちゃんは栄養状態も悪く、肺炎を起こして死亡した。

福岡県田川市に住む自営業の常慶雅則容疑者(24)と妻の藍容疑者(24)は、昨年11月下旬、1歳の唯雅ちゃんにライフル型のエアガンでBB弾を浴びせた。BB弾は空き缶に穴が開くほどの威力がある。唯雅ちゃんの体には、頭から足まで数十か所の傷があったという。

アザがある」と匿名の通報

「長男の頬にアザがある」と匿名の通告があり、田川市は20回ほど自宅訪問したが、虐待の確認はできなかった。

キャスターの立川志らく「エアガンで撃ったのが事実としたら、人間じゃないね。人間の姿をした悪魔としか思えない」。

社会起業家の正能茉優は「またかって。少しずつ抵抗感が薄れていまっている自分に気づく」