井上尚弥の父「天才じゃない」小1から血と涙がにじむような練習

ざっくり言うと

  • 7日、井上尚弥はWBSSバンタム級の決勝でノニト・ドネアを判定で下した
  • トレーナーである父の真吾さんは、井上が「天才」と呼ばれることを否定
  • 「血と涙がにじむような練習を小1から続けてきた」と振り返った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x