法務省は7日、法科大学院を修了せずに司法試験受験資格を得られる「予備試験」の今年の合格者が476人だったと発表した。

 昨年より43人増え、2011年の試験開始以来、最多となった。今年は過去最も多い1万1780人が受験。合格率は4・04%で過去2番目の高さだった。合格者の最年少は19歳、最年長は63歳だった。

 9月に発表された今年の司法試験の合格者の内訳をみると、1502人のうち315人が予備試験の通過者。合格率は約8割で、法科大学院修了者の合格率(約3割)と比べると2倍以上の開きがある。予備試験は本来、経済的事情などで法科大学院に進めない人を救う制度だが、法科大学院に通う時間や費用を節約できる「抜け道」として受験者が増えているとみられる。