『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』4姉妹の成長を描いた不朽の名作映画化

写真拡大

小説「若草物語」が、シアーシャ・ローナンやエマ・ワトソンら豪華キャストを迎え実写化。映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』 として、2020年6月12日(金)に日本公開される。

不朽の名作「若草物語」若き美しい4姉妹、次女のジョーにフォーカス

「若草物語」は、19世紀後半を舞台にマーチ家の四人姉妹の成長を描いた、ルイーザ・メイ・オルコットによる自伝的小説。南北戦争という暗い時代背景を持ちながらも、優しい心を忘れずに健気に暮らす姉妹のハートフルな物語は、多くの読者の心を揺さぶり、これまでもアニメ化やミュージカル化、映画化を実現。そんな不朽の名作が、今回『レディ・バード』でアカデミー賞監督賞にノミネートされたグレタ・ガーウィグ監督によって再びスクリーンへと蘇る。

マーチ家の四姉妹は、それぞれ異なる個性や才能を持ち合わせた若き美しいレディたち。今回の映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』でフォーカスされるのは、姉妹の次女ジョー。女性がアーティスト=表現者として成功をつかむことが難しかった時代に、夢を追う彼女を中心に描かれていく。

四人姉妹に、シアーシャ・ローナンやエマ・ワトソンら

<主人公>次女ジョー(シアーシャ・ローナン)

活発で信念をまげない作家志望。⾃分を曲げられない性格でよく周りとぶつかる。作家になる夢を持ち続ける⼀途でまっすぐで情熱的なな女性。性別によって決められてしまう⼈⽣を乗り越えようと、想いを寄せる幼馴染のローリーからのプロポ ーズにも応じずひたすら夢を追い続ける。ジョーの役は『レディ・バード』のシアーシャ・ローナンが務める。

長女メグ(エマ・ワトソン)
美しくてしっかりもの。情熱的なジョーと違い、控えめな性格。ディズニー映画『美女と野獣』のエマ・ワトソンが演じる。

三女ベス(エイザ・スカンレン)
内気で繊細なピアニスト。病弱なこともあり、ジョーからは我が子のように愛される。

末っ子エイミー(ローレンス・ピュー)
人懐っこいが頑固者。オシャレにしか興味がない。ジョーとは喧嘩が絶えない。エイミーの役は『ミッドサマー』『ブラック・ウィドウ』のフローレンス・ピューが抜擢された。

ローリー(ティモシー・シャラメ)
資産家のローレンス家の⼀⼈息⼦で、マーチ一家の隣人の少年。ダンス・パーティで知り合ったジョーに想いを寄せる。飾らない性格。ジョーにプロポーズもするも、彼女は小説家の夢をあきらめず「私は結婚できない」と言われてしまう。『君の名前で僕を呼んで』で一躍その名を世に知らしめたティモシー・シャラメが演じる。

メリル・ストリープやローラダンも

4姉妹の母(ローラ・ダーン):娘たちを時に厳しくも温かく見守る、愛情豊かな母親。母役は、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のローラ・ダーン。
叔母・マーチ(メリル・ストリープ):偏屈者の叔母。

アカデミー賞で<衣裳デザイン賞>を受賞

また『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』は、第92回アカデミー賞において、見事<衣裳デザイン賞>を受賞。デザインを手掛けたのは、『アンナ・カレーニナ』(2013)に続く2度目のオスカーを受賞したジャクリーン・デュランだ。

衣装制作の裏側

物語の中で、特に華となる4姉妹の衣装に、並々ならぬこだわりを詰め込んだジャクリーン。まず彼女たちの纏う衣装は、それぞれの個性を反映させた明確なカラーパレットで表現。少年のようにおてんばなジョーは燃えるような⾚、演劇と中世のおとぎ話が好きなメグはロマンチックなライラ ックと緑のグラデーション、姉妹の中で一番無邪気なベスは優しいピンク、そしてオシャレ好きなエイミ ーはフレッシュなトーンの⽔⾊をセレクトした。

さらにガーウィグ監督の「触り⼼地が想像でき て、毎⽇着る洋服のような感覚で、“⾐裳”ではないもの。そういっ たことでモダンな感じが出して欲しい」というリクエストに応え、その素材使いにも一工夫。同じテキスタイルを所々で使って 姉妹の服を縫ったり、⼀つの時代で使った⽣地を次の時代でも使 うことで“マーチ家のおさがり・節約”を反映させている。

ジャクリーン・デュランは、4姉妹の衣装制作に関して「それぞれのルッ クスが何らかの声明であることが⼤事だと感じたの。彼⼥たちはそれぞれ世界の⾒⽅があって、それはみんな違うけれども平等で⼤事な役割を持っているの」とコメント。映画鑑賞の際には、物語に深みを与えてくれる、その美しい衣装の数々にも注目してみてほしい。

そのほか多数ノミネート

なお本作は、受賞こそ逃したものの、各映画祭で多数の賞にノミネート。第77回ゴールデン・グローブ賞においては、主人公を演じるシアーシャ・ローナンが主演女優賞、本作の作曲を担当したアレクサンドル・デスプラが作曲賞に選出。アカデミー賞では作品賞を含む5部門にノミネートされた。

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』あらすじ

19世紀、アメリカ、マサチューセッツ州ボストン。マーチ家の四姉妹メグ、ジョー、ベス、エイミー。情熱家で、⾃分を曲げられないため周りとぶつかってばかりの次⼥ジョーは、⼩説家を⽬指し執筆に励む⽇々。⾃分とは正反対の控えめで美しい姉メグが⼤好きで、病弱な妹ベスを我が⼦のように溺愛するが、オシャレにしか興味がない美⼈の妹エイミーとはケンカが絶えない。

ある⽇ジョーは、ローレンス家の⼀⼈息⼦ローリーにダンス・パーティで出会う。彼の飾らない性格に、徐々に⼼惹かれていくジョー。しかしローリーからプロポーズされるも、結婚をして家に⼊ることで⼩説家になる夢が消えてしまうと信じるジョーは、「私は結婚できない。あなたはいつかきっと、もっと素敵な⼈と出会う」とローリーに告げる。⾃分の選択でありながらも、⼼に⼀抹の寂しさを抱えながらジョーは⼩説家として⾃⽴するため、ニューヨークに渡る。

■作品詳細
映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
公開日:2020年6⽉12⽇(⾦) ※当初2020年初夏公開予定だったが延期となっていた。
監督・脚本:グレタ・ガーウィグ
原作:ルイザ・メイ・オルコット
出演:シアーシャ・ローナン、ティモシー・シャラメ、フローレンス・ピュー、エリザ・スカンレン、エマ・ワトソン、ローラ・ダーン、メリル・ストリープ
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント


【写真付きで読む】『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』4姉妹の成長を描いた不朽の名作映画化

外部サイト