地上から離れ、空に近いところで食べるハンバーガー。これがウマい!

高いところってだけで漂わす高級感。
遠くの景色も眺められる見晴らしのよさの開放感。
ファストフード店にありがちな路面にあるのとは違う異世界感。

目線を高〜くしたロケーションで食べるってだけで3倍くらい美味しい気がします。

そんな味わいでも異世界感を満喫するバーガーロケーションが、洗練された街並みにを誇る都内の住宅エリアにありました。

見下ろすより見上げたい!
空を感じる屋上テラス

場所はなんとなくセレブな街……なんてステレオタイプなイメージというより、活気ある商店街とハイセンスなショップが入り混じった自由が丘。暇ができた午後や休日にぶらぶら歩きでもしたくなるエリアです。

東急線「自由が丘」駅がこの街の中心となるのでしょうけど、少し歩いたくらいの雑居ビルに「JIYUGAOKA BURGER」と愛らしく、そして控えめな看板を見つけられます。目指すはここの4Fにある「自由が丘バーガー 自由が丘店」。

たしかに4Fと書かれたフロアに着いたはず……のそこにまっていたのは、ほぼ屋上テラスになっているお店。景色も、街並みがどうとかはなくて、見上げて目に入ってくる空ばかり。潔い開放感、とでもいうんですかね(笑)。

店内は飾りすぎないクラフト感のあるインテリア……って、いわゆる普通のカフェ風。でも、気張らない雰囲気に包まれるのが心地いいんです。

ビル1Fで見た看板の可愛らしいロゴが描かれたメニュー表も、カバーが革素材だったり、テラスの壁がわりになるビニールには適量にグリーンが配置されたり、心地いい風が抜けたり、なんだか気持ちも癒される。ここに登ってこれただけでも、気分上々になれる不思議なお店。

自然派のハンバーガーは
上を向いて食べるとさらにウマい!

空に近いエモなロケーションで選んだのは、店名を冠する「自由が丘バーガー」と悩んだんだけど、どう考えてもこの店でしかな味わえない逸品「人生バラ色?ピンクバーガー」。はい、ピンクです。名前からして素敵でしょ?

カリカリになった赤いベーコンがどーんときて、ハチミツも足されてたり。どれもちょっと甘さを感じるんだけど、ぶ厚いパティの肉の味わいと、さっぱりとしたシンプルなくるみとライ麦のパンがベストにマッチング。でてくるワードは「ウマッ!」のひと言。

色味のこだわりは半端ないんですが、こうとだけ書くと着色料とか不安になるかもですよね?

こちらの「自由が丘バーガー」は、“あんしん×やさしい=おいしい”をコンセプトに、できるかぎり有機の国産物を使ったおいしくて身体にもやさしいハンバーガー作りをしているそうです。国産牛100%のパテ、天然酵母で作ったバンズ、自然農法(農薬、化学肥料を使用しない)お野菜などを可能な限り使用するなど、徹底した素材へのこだわり。この自然派なこだわりで作られていて、「人生バラ色?ピンクバーガー」はレギュラーサイズが1670円(税別)ってのも幸せなバラ色価格。

ピンクのバーガーとて、カシスを染み込ませるなど工夫をして、健康意識が高い人にも満足いくもので仕上げている様子。ただのハンバーガーのようで、とっても“ピュアなこだわり”がつまっているんです。

気軽にカフェでハンバーガーを食べようってのに、エレベーターに乗るのってなんだか妙な気もするこの「自由が丘バーガー 自由が丘店」。自由が丘のど真ん中にあって空に近いこのお店は、そんな“いつものこと”と“いつもじゃない”ことが混ざって、ハンバーガーを食べること自体をスペシャルなものにする魅力があります。

空を見上げながら美味しく食べる。こんな幸せな時間は他にないかもしれません。

「自由が丘バーガー 自由が丘店」
住所:東京都目黒区自由が丘1-3-15 BISビル4F
TEL:03-6459-5133
営業時間:11:30〜21:00(LO)
https://jiyugaokaburger.com/
※天候によりテラス席が利用できなりこともあります

Top image: © 2019 NEW STANDARD