©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

11月8日(金)に放送される『徹子の部屋』には、山本譲二が登場する。


©テレビ朝日

来年、古希(70歳)を迎える山本は、2歳になる孫にメロメロで、仕事場でも常に写真を持ち歩いているらしい。

そんなおじいちゃんの山本は、今年でデビュー45周年。孫と訪れた鉄道博物館で偶然、18歳の時に地元・下関から飛び乗った寝台列車と再会。「人生が一回りした」感じがして、今まで頑張ってきた自分自身を懐古したという。

©テレビ朝日

また、今年の5月には大腸がんを患い手術。死と隣り合わせになった時浮かんだのは、売れない時代からずっと支えてくれていた妻・悦子さんの顔だった。

そんな愛妻から内緒で手紙が届くと、内助の功もあって駆け上がってきた譲二さんの目には涙があふれる。