特別展「よみがえる正倉院宝物 ―再現模造にみる天平の技―」奈良国立博物館で、精巧な模造品約100点

写真拡大

特別展「よみがえる正倉院宝物 ―再現模造にみる天平の技―」が、奈良国立博物館にて2020年7月4日(土)から9月6日(日)まで開催される。

正倉院宝物の精巧な再現模造品約100点が集結

「よみがえる正倉院宝物 ―再現模造にみる天平の技―」は、精巧に再現された正倉院宝物の模造品を一挙に公開する展覧会。奈良・東大寺の倉であった正倉院正倉に伝えられた約9,000件にもおよぶ正倉院宝物は、その多くが奈良時代に作られたもの。調度品、楽器、遊戯具、武器・武具、文房具、仏具、文書、染織品など、その内容は多岐にわたり、中には西域や唐から伝来した宝物も含まれている。

正倉院宝物の本格的な模造製作は、明治時代に奈良で開催された博覧会を機に始まり、当初は模造製作は修理と一体の事業として取り組まれていた。1972年以降、宝物の材料や技法、構造の忠実な再現に重点がおかれるようになり、人間国宝ら伝統技術保持者の熟練の技と、最新の調査・研究成果とを融合させた、優れた再現模造が数多く生み出されるようになる。

「よみがえる正倉院宝物 ―再現模造にみる天平の技―」では、これまでに製作された数百点におよぶ正倉院宝物の再現模造品の中から、「模造 螺鈿紫檀五絃琵琶」や「模造 黄金瑠璃鈿背十二稜鏡」など、選りすぐりの約100点が集結。再現された正倉院宝物の美しさとともに、日本の伝統技術が織り成す技巧も体感することができそうだ。

【詳細】
特別展「よみがえる正倉院宝物 ―再現模造にみる天平の技―」
会期:2020年7月4日(土)〜9月6日(日)
※奈良国立博物館の臨時休館に伴い、当初の予定から会期を変更。
※今後も状況に応じて会期などが変更される可能性あり。
※購入済みチケットは、新たな会期中でも使用可能。希望者には、チケット(早割ペアセット券、リフレクターセット券、前売券)の払い戻しも実施。
会場:奈良国立博物館
住所:奈良県奈良市登大路町50、奈良公園内
※会期中展示替えあり。
※長野県・松本市美術館への巡回は、2020年度内では中止。
【写真付きで読む】特別展「よみがえる正倉院宝物 ―再現模造にみる天平の技―」奈良国立博物館で、精巧な模造品約100点

外部サイト