父親「長男が撃った」 1歳三男をエアガンで虐待か

写真拡大

 去年、福岡県田川市で当時1歳の三男にエアガンを連射して虐待したとして両親が逮捕された事件で、父親は逮捕前に「長男が撃った」などと話していたことが分かりました。

 田川市の自営業・常慶雅則容疑者(24)と妻の藍容疑者(24)は去年11月、三男の唯雅ちゃんをエアガンで何度も撃って虐待した疑いが持たれています。

 近所の住民:「1回、見たことがある。ここで怒り上げているのを。激しかったですね。こんなママかと」

 当初、雅則容疑者は警察からの任意の取り調べに対し、当時3歳だった「長男が撃った」などと話していたことが捜査関係者への取材で分かりました。雅則容疑者は逮捕時の取り調べでも容疑を否認していますが、警察はライフル式エアガンを3歳児が撃つことは不可能であると判断して逮捕に踏み切りました。唯雅ちゃんは去年12月に肺炎で死亡していて、警察が虐待との因果関係を慎重に調べています。